ページの先頭です

トップページ > 症状別解説一覧 > 悪い姿勢や同じ姿勢を維持する事が肩こりにとって負担になる理由

悪い姿勢や同じ姿勢を維持する事が肩こりにとって負担になる理由

ygazxbvcq7qikih1480673856_1480673906

肩こりでお悩みの人にとってはよく聞く話だと思いますが、肩こりは「悪い姿勢」や「同じ姿勢」を続けているとより症状が発生しやすくなったり重症化しやすくなると言われています。

ですが、具体的にどうしった姿勢が悪い姿勢なのか?同じ姿勢を維持するとどうして肩こりになってしまうのか?について知っている人はあまりいないんじゃないでしょうか?

そこでこのページでは、肩こりになりやすい「悪い姿勢」についてや、「同じ姿勢」を維持していると肩こりの症状を発生させる理由について説明させていただきたいと思います。

何故肩こりが発生するのか?どういった理由で悪化するのかを知っていれば、予防や症状の改善に役立つと思いますので、興味のある人は是非参考にして下さいね。
スポンサーリンク


筋肉は動かすよりも同じ位置を維持する方が疲労しやすい

肩こりの原因は簡単に言えば血行不良と、その血行不良によって老廃物が溜まってしまい筋肉が緊張する事で発生しています。

また、筋肉は動かしているよりも、同じ位置を維持する動作の方が疲労が溜まりやすいという特徴を持っています。

実際にやってみれば分かりやすいと思うのですが、腕を上げたり下げたりを繰り返すよりも、上げた状態をずっと維持している方がしんどいですよね?このように筋肉は動かすよりも一定の位置を維持する方が疲労がたまりやすいんです。

そして筋肉は動かす事によって、血流を全身に流すためのポンプの役割も果たしているため、筋肉を使って疲労が溜まったとしても、常に筋肉を動かしていれば血流が良くなって疲労物質が一箇所に溜まりにくくなります。

反対に同じ位置で動かさずに筋肉を使っていると、疲労もしやすく更に動きが少ないため血行不良となり、溜まった疲労物質が原因で筋肉は緊張しやすくなってしまいます。

「同じ姿勢」の状態を維持すると肩こりが発生しやすい理由には、こういった筋肉の特徴が関わっているからなんですね。

同じ姿勢を維持しないために気をつける事

デスクワークなどをしていると、どうしても同じ姿勢を維持する事が多くなってしまいます。

そういった時に気をつけてほしい事なんですが、当たり前のアドバイスですが出来るだけじっとせずに動くようにして下さい。

「デスクワーク中に頻繁に動けない!」と怒る人もいるかも知れませんが、何も頻繁に立ち上がって動けと言っている訳ではありません。

例えば足の位置を少し変えたり、つま先の方向を変えたり、パソコンに向かう体の向きを変えたり、こういった些細な動きであっても、首や肩を支える筋肉は変化しますし、最も力が入る部分も変化します。

こういった事を出来るだけしんどくなる前に頻繁に行えば、肩こりになるような負担を軽減する事は可能です。

ただし、あくまでも負担を軽減する方法であって、負担をゼロにする方法ではありませんので、可能なのであれば立ち上がって歩いて体をほぐす事も忘れないようにして下さいね。
スポンサーリンク


肩こりになりやすい悪い姿勢について

肩こりの負担になりやすい動作のひとつに「同じ姿勢」が関わっている事は上記で説明させていただきました。ここからは、肩こりの負担になりやすい「悪い姿勢」について説明させていただきますね。

筋肉の疲労というものは、近くの関節の構造上にそぐわない動作が関わる時に発生しやすくなります。肩こりに関して言えば、近くの関節で代表的なのは首の関節で間違いないでしょう。つまり、首の関節の構造上で問題になる動作であればあるほど肩こりになりやすくなるという事です。

首の関節に負担のかかる動きと言っても、説明すればキリがないほど大量にありますが、大事な事は「首だけを単独で動かしている姿勢」は避けるべきです。

どうゆう意味なのか詳しく説明させていただきますね。

どの関節でもそうなんですが、何か作業をしようとした時に、一つの関節が単独で動くという事はまずありません。

歩行なら、股関節、膝関節、足関節が連動して動きます。

手作業なら、肩、肘、手首、指が連動して動きます。

逆に言えば、本来はいくつもの関節を連動して動かなければいけない作業で、一つの関節を単独で動かしてしまうとその周辺には大きな負担がかかってしまうんですね。

首で説明すれば、例えば右に顔を向けた時に、首の動きと連動して、体も少し右に向けていれば首への負担は少なくすみます。

逆に、体は全く動かずに、首だけが単独で右に向いてしまうと過度な負担が首に入ってしまいます。

例えば顔を下に向けた時に、首の動きと連動して、背中を丸めるように下を向いていれば首への負担は少ないです。

逆に、体は全く動かずに、首だけが単独で下を向いてしまうと、過度な負担が首に入ってしまいます。

また、体を丸めるように座っている場合(猫背のような)、下を見る動作ではむしろ良いのですが、その状態で顔を上に上げてしまうと体の向きに対して首だけが単独で動いてしまい、大きな負担になってしまいます(猫背の人のデスクワークに多いですね)

このように、関節というのは単独で動く事はほとんどなく、単独で動かしてしまうと大きな負担の原因になってしまうんです。

首の動きも同様に、首を動かす時は、動かす方向に体も連動して動かさないと肩こりの大きな負担になってしまうため、気をつけてくださいね。

悪い姿勢はその人によって個人差も大きい

上記では少しややこしい話ではありますが、肩こりの原因になりやすい首への負担に関わった姿勢について説明させていただきました。

最後にこんな事を言うと混乱させてしまうかもしれませんが、そもそも人によって楽な姿勢や悪い姿勢には個人差が大きいんですね。

一般的に猫背は悪いとされていますが、上記でも少し説明させていただいたように、猫背の人は下方向で作業をする事においては決して悪い姿勢ではありません。

つまり、デスクワークなどではイスの高さを少し高くしたり、机の高さを低くしてパソコンを少し下にうつむくような姿勢で行えば、猫背の人のデスクワークでも負担は少なくります。

このように、その人の得意な姿勢によって、悪い動作や楽な動作は変わってきますので、あなたが一番楽だと感じる姿勢をまずは模索して下さい。

もちろん、どんなに楽な姿勢であっても、「同じ姿勢を維持」し続ければ肩こりになりやすくなってしまうので気をつけて下さいね。

肩こりは常態化すると、頚椎の変形などを発生させてしまう事もありますので、もしなかなか症状が改善しない場合は出来るだけ早く信頼できる病院や治療院に相談するように心がけましょう。

もしどこに相談していいか分からない、どこに相談してもダメだったという人は遠慮なく私にご相談して下さいね。

どこに行っても治らないようなしつこい肩こりの治療に関しては、それなりの自信を持っていますのできっとお力になれると思います。

以上で「悪い姿勢や同じ姿勢を維持する事が肩こりにとって負担になる理由」についての説明を終了させていただきます。
スポンサーリンク



おすすめ記事

肩こりの症状に関連するページ

「なかなか治らないしつこい痛みを発生させる肩こりの本当の原因」

「肩こりの解消や改善にはウォーキングやランニングが効果的」

「肩こりと同時に腕の痛みやだるさ、痺れが発生した時は要注意」

「レントゲンやMRIなどの画像検査で異常なしと診断された肩こりについて」

「肩こりの人がデスクワークやパソコン作業で注意すべき楽な座り方」

「デスクワーク時に肩こりになりにくい椅子や机の高さとは?」

「寝れない肩こりに有効な楽な寝方や楽な姿勢について」

「思い込みや気のせいによって肩こりが発生する事はあり得るのか?」

「肩こりは動かした方がいい?運動不足との関係」

「なかなか治らない肩こりは何科のお医者さんに相談するべきか」

「肩こりの人で肩の力がぬけない、力むクセを治す方法」

「上を見上げる動作で肩こりの痛みが強くなる時は要注意」

「肩こりで視力低下、目の痛み、まぶたが痙攣したりする理由」

「カイロプラクティックやバキボキ音を鳴らす整体は肩こりに有効?」

「肩こりと同時に顔の痛みや痺れ、むくみを感じた時は要注意」

「悪い姿勢や同じ姿勢を維持する事が肩こりにとって負担になる理由」

「肩こりと筋肉痛、肉離れとの違いについて」

「歯が浮く感じや奥歯の痛みなどは肩こりと関連する事がある」

「肩こりに喉の痛みや飲み込みにくい、喉の異物感を感じた時は注意」

「肩こりの部分が熱い、熱くなる症状の原因」

「肩こりなのに骨盤矯正?骨盤や骨の歪みや捻れ、ズレが原因ではない」

「右肩だけ、左肩だけ、肩こりの症状が片方に偏る理由」

「肩こりに漢方薬は効果があるのか?」

「筋トレや腕立て伏せは肩こりに有効か?悪化する可能性も」

「整形外科での牽引治療は肩こりの症状に効果はあるのか?」

「祟りや呪いなど、お化けや幽霊と肩こり(信じていませんが)」

「ひどい肩こりは首のカラーやコルセットをつけるべきか?」

「肩こりに低周波などの電気治療は効果的か?」

「放置するとどうなるのか?肩こりのその後の経過」

「肩こりでお悩みの人が注意すべきカバンやバックの種類や持ち方」

「 抱き枕を使うと肩こりの症状が楽になる理由。抱き枕の高さについて」

「冷たい、冷たく感じる肩こりは要注意」

「肩こりの症状が雨の日や振る前など、天気によって悪化する理由」

「首を動かすと痛い、首が動かない肩こりは要注意」

「重度、重症例の肩こりの症状とは?」

「朝の痛みが強くて起き上がれない肩こりは要注意」

「肩こりの症状と飲酒やアルコールとの関係」

「肩こりや背中の痛みはガンや内臓の病気の可能性?内科に行くべきか?」

「うつや不安感、精神的ストレスで発生する肩こりもある」

「 肩こりの痛む場所がころころ移動したり変化する理由」

「風邪や胃炎、腸炎などによって肩こりは悪化する事もある」

「 ロキソニンなどの痛み止めの薬が効かない肩こりは要注意」

「 顎が痛い、だるいなどの違和感と肩こりとの関係は?」

「 肩こりの症状に遺伝は関係するのか?」

「肩甲骨の動きと肩こりとの関係」

「ヒリヒリやビリビリ、ズキズキ、ジンジン感じるような肩こりは注意」

「交通事故によるむちうちなどで発生する肩こりには要注意」

「鎖骨周辺や胸の痛みが発生した場合は肩こりではない?」

「 猫背は悪いとは限らない?正しい姿勢と肩こりについて」

「異常な痛みを発生させる肩こりは頚椎の問題を疑うべき」

「肩こりの症状にマッサージをして悪化する。揉み返しが発生する理由」

「肩こりでお悩みの人で握力低下、手に力が入らない人は要注意」

「肩こりで頭痛やこめかみの痛み、頭を重く感じる時がある」

「肩こりではない?肩こりに似た症状を発生させる疾患や病気」

「足ツボや青竹踏みで肩こりが改善する事もある?」

「体操やストレッチは肩こりに有効か?悪化の可能性も」

「何もしていなくても一定の痛みや違和感をずっと感じる肩こりは注意」

「お香やアロマテラピーは肩こりに効果はあるのか?」

「夏や冬、梅雨の時期など季節の変わり目に肩こりが発生しやすい理由」

「肩こりで手が上がらない、後ろに腕が回らなくなる事もある?」

「洗い物や読書時など下を向く時に肩こりの人が気をつける事」

「美容院やエステで悪化する可能性のある肩こりとは?」

「サプリメントや健康食品は肩こりに効果はあるのか?」

「肩こりはお風呂や温泉で温めるのは有効か?悪化する事もあり」

「編み物や手芸、手作業が肩こりになりやすい理由や注意点」

「お灸や鍼(針)治療は肩こりに効果があるのか?」

「イライラが余計に肩こりを強くする可能性もある」

「肩こりに自転車やエアロバイクの運動は効果的か?」

「しつこい肩こりと足裏の痛みとの関係」

「エアコンや気温の変化によって肩こりが悪化しやすい理由」

「軽い痙攣、手や腕の震えが発生する肩こりは注意」

「シップやサロンパスは肩こりに効果はあるのか?」

「更年期障害や自律神経失調症と肩こりとの関係」

「肩こりを感じる人と感じない人の違いは?無自覚、無症状の人もいる」

「長引く背中の痛みは肩こりなのか?その原因とは」

「肩こりにピップエレキバンは効果があるのか?」

「なかなか治らない肩こりと腰痛との関係」

「ラジオ体操は肩こりに効果的か?」

「磁気ブレスレットやネックレスなどの健康アイテムは肩こりに効果あるのか?」

「肩こりに有効なスポーツや運動とは?」

「アメリカなどの英語圏では「肩こり」という概念がない?」

「携帯電話やスマホと肩こりとの関係、注意点」

「強く押したり揉む行為は肩こりに有効か?悪化する可能性もあり」

「肩こりの理想的な枕、オススメの高さとは?」

「耳鳴りやめまい、ふらつき、難聴と肩こりとの関係」

「肩こりと足の痛み、痺れや重だるさとの関係」

「整骨院や整形外科などの病院で治らない改善しにくい肩こりとは?」

「肩こりと同時に息苦しい、呼吸をすると痛い症状が発生した時は注意」

「肩こりの症状が悪化、逆効果になってしまう可能性のある行為とは?」

「しびれや麻痺が発生する場合はただの肩こりではない」

「老化や高齢者、年寄りになってからなる肩こりは注意」

「重いものを持つと肩こりがひどくなる理由と負担になりにくい持ち方」

「肩を冷やす行為やアイシングは肩こりに効果的か?温めるのは?」

「肩こりに有効な予防法とは?」

「肩こりになる人、ならない人との違い」

「眠れなくて不眠、寝不足を発生させる強い肩こりは肩こりではない?」

「あくびをすると首や背中、肩こりが痛くなる人は注意」

「血行不良や炎症と肩こりとの関係」

「肩こりに良い布団やおすすめのマットレスは存在するのか?」

地図イメージ

豊中市の整体、整骨院
よしだ柔整治療院

【住所】大阪府豊中市南桜塚2-7-1-114 ユニハイム桜塚
【アクセス】阪急電鉄宝塚本線 曽根駅 徒歩7分
【ご相談・ご予約】06-6858-3458
※当院は予約制です 【営業時間】月~金 9:00~12:00 / 13:00~20:00 土曜 9:00~12:00
【定休日】日曜、祝日、土曜日の午後
>>場所・行き方はこちら

【このホームページは私が書いています】

院長 吉田

よしだ柔整治療院
院長のプロフィール

患者さんの声

当院の風景

症状別解説

よくある質問

メールでのお問い合わせ

サイトメニュー

Information

外観

営業時間
平日 9時~12時/13時~20時
土曜 9時~12時
定休日
日曜、祝日、土曜日の午後
所在地
〒561-0882 大阪府豊中市南桜塚2-7-1-114 ユニハイム桜塚
電話番号
06-6858-3458
代表者
吉田 隼