ページの先頭です

トップページ > 症状別解説一覧 > 肩こりに漢方薬は効果があるのか?

肩こりに漢方薬は効果があるのか?

kWoB2hTinFxbtXr1469979002_1469979039

なかなか治らないしつこい肩こりの症状でお悩みの人の話を聞いていると

「漢方薬って肩こりに効果はあるんでしょうか?」

という質問をよくいただきます。

どういった症状であっても、こういった漢方薬って本当に効果はあるの?と疑問に思っている人は非常に多いと思います。

私は決して漢方薬に関して知識が豊富ではなく、また薬学に関しても一般人に毛が生えた程度の知識しかありませんが、今まで診てきた患者さんの中には製薬会社で働く方や、大学などで薬の研究をされている人もおられましたので、私もこういった事を質問をした事があります。

そこでこのページでは、実際に漢方薬を使っている人の感想や経過についてと、薬の専門家に聞いた事を踏まえて、肩こりの症状に対しての漢方薬の効果について説明させていただきたいと思います。

興味のある人は是非参考にして下さいね。
スポンサーリンク


漢方薬の効果は判断しにくい

肩こりの症状で悩んでいた人であっても、「私は漢方薬を以前に飲んでいて症状が改善したよ」という人は一定数存在します。

しかし、そういった人達の話を注意深く聞いているとある共通点があります。

その共通点とは、長期間に渡って漢方薬を服用し続けて症状が改善したという部分です。

短い人でも半年から1年間。長い人では数年間にも及びます。

ここで一つ疑問なんですが、、、

それって本当に漢方薬の効果なんでしょうか?

人間には自分の体の異常をある程度なら改善する能力があります。あまり個人的に好きな言葉ではありませんが「自然治癒力」というものです。

症状の重症度にもよりますが、半年も1年もたてば症状に変化があってもそこまで不思議な事ではないと思うんですよね。

もちろん、漢方薬を飲んでいたから症状が改善した可能性も否定は出来ませんが、私が知る限りでは漢方薬を飲んで劇的に症状の改善があったという話は聞きません。

このように漢方薬の効果というのは非常に分かりにくいというのが現実なんですね。

漢方薬の成分は決して不思議な物ではない

私は薬の専門家でも漢方薬の専門家ではありませんが、今まで出会ってきた患者さんの中には薬学関係のお仕事をされている人もおられました。

その中のある患者さんは製薬会社や大学から依頼をうけて、薬品の成分や効能を調べたりされる珍しいお仕事をされている人でした。

非常に興味深いお仕事をされていましたので、その人には薬についてや漢方薬についても質問させてもらった事があります。

私がその患者さんにした質問は

「漢方薬が本当に効果があるのであれば、その成分を西洋医学的に調べたりはしていないんですか?」

といった内容の質問です。

その患者さんの答えは

「当然、もうとっくに漢方薬の成分は調べられていますよ。その結果、突き詰めていけば効果があると思われる成分は病院などで出されている薬の成分とほとんど一致しているんです」

という答えでした。

漢方薬という物はなんだか不思議な神秘的な印象をみなさんお持ちですよね?

(私もそういった印象を持ってきました)

しかし成分自体は病院で処方されている薬と大差はなく、決して不思議な物でなないんです。

天然物か合成されて作られたかの違いだけですね。

極端な事を言えば、もし漢方薬を飲み続けて症状が改善するのであれば、病院の処方している薬でも改善する可能性が高いという事になりますね。

もちろん、漢方薬にも数多くの種類があると思いますので、その全てが病院で出されているような薬と成分が似ているという事ではないんでしょうけども、どういった種類の漢方薬であっても、効果があると思われている成分は決して珍しいものではないらしいです。

また、科学的に立証はされていませんが、同じ成分でも合成物か天然物かによって効果に違いがあるという説も聞いた事があります。

こういった事がもし本当の事であるならば、中身が同じような成分であったとしても、病院が処方する薬と天然物の漢方薬では効果に違いがあるのかも知れないですね。

しかし過度に期待できる方法ではありませんし、漢方薬は高価な物も非常に多い印象を持っていますので、もし漢方薬での治療を考えているのであればこのページを参考に判断して下さいね。
スポンサーリンク


なかなか改善しない肩こりは頚椎の変形などが関わっている可能性が高い

そもそも、単なる肩こりの症状がなかなか改善しないという事は、通常では考えにくい現象です。

肩こりの原因は血行不良から発生する筋緊張ですので、よほど毎日のように過度な負担を与えない限りは痛みや症状は長続きしません。

あくまでも私の個人的な考えではありますが、どこに行っても治らない肩こりや、長期間に渡って改善しない肩こりの症状の多くは、頚椎症(けいついしょう)や頚椎ヘルニア、ストレートネックなどの首の骨の変形などが関わっている可能性が高いと思います。

頚椎症や頚椎ヘルニアとは、首の骨や軟骨が変形する事によって近くの神経を圧迫し、その神経が支配している領域に痛みや痺れなどの症状を発生させる疾患です。

軽症から重症例までの症状がかなり幅広く、重症であれば夜も疼いて寝れない、握力がなくなって手や腕や首を動かせないなどの症状を発生させる事もありますが、軽症であれば肩こりに似た痛みや筋肉の張り感だけを感じる場合もあります。

このように重症であれば、ただの肩こりでは考えられない症状を発生させますので分かりやすいんですが、頚椎症や頚椎ヘルニアなどで症状が発生していたとしても、軽症であれば肩こりに近い症状を発生させますので分かりにくいんですね。

頚椎症や頚椎ヘルニアであっても、初期であれば異常なしと診断される事が多い

もし頚椎症や頚椎ヘルニアを疑った場合、病院へ行ってレントゲンやMRIなどの画像検査をされると思いますが、初期の頚椎症や頚椎ヘルニアの場合は「異常なし」と診断される事も決して珍しくありません。

お医者さんの診断基準はどうしても手術をするべきかどうかで判断される事が多く、首の骨や軟骨の変形、神経の圧迫などの問題点があったとしても、手術するほどの大きい問題じゃなければ「異常なし」と言われる事が多いんですね(こういった事は実際にお医者さんに聞いた事のある話です)

そのため、異常なしと言われたとしても本当に異常がないとは限らないんですね(決してお医者さんを否定するつもりはありませんが)

頚椎症や頚椎ヘルニアから発生している肩こりの症状なのであれば、弱い刺激で行う治療が効果的

もしあなたが現在感じている肩こりの症状が頚椎症や頚椎ヘルニアが原因で発生しているのであれば、残念ながら一般的な整骨院や病院などで行われているマッサージや治療では改善しにくい症状のはずです。

病院が処方している薬で効果があるのも、痛み止めぐらいしかないため、残念ながら漢方薬もあまり効果は期待できないと思います。

実は頚椎症や頚椎ヘルニアの症状は非常に治療が難しく、お悩みの人が非常に多い疾患でもあります。

頚椎症や頚椎ヘルニアのように、首の骨や軟骨の変形などが症状に大きく関わっている場合、その周辺には常に強い炎症が発生しています。

炎症は近くの神経を興奮させて、感覚を過敏にさせる特徴を持っています。感覚が過敏になると、簡単に言えば少しの負担やちょっとした動作でも痛みを感じやすくなってしまうんです。

つまり、こういった症状の方にマッサージやバキボキするような、比較的強い刺激で行う治療を行うと、あまり効果がない所か逆効果になってしまう可能性があるんですね。

どこの治療院やマッサージに通っても改善しなかったという人は多いと思いますが、そのほとんどの治療が割と刺激量の多い治療である事が多いと思います。(そちらの方が患者ウケは良いと思いますので)

逆に、優しく弱い刺激で行う治療であれば、治療行為が負担になりませんので改善する可能性があります。

頚椎症や頚椎ヘルニアのように、骨や軟骨の変形や神経の圧迫が痛みに大きく関わっていたとしても、その症状には筋肉の緊張状態や炎症の有無も痛みにはかなりの部分で関わっています。

強い刺激で行う治療では、強い炎症による過敏性が邪魔をして改善する可能性は低いと思いますが、弱い刺激で行う治療であれば、しっかり首周辺の筋肉を動かし、血行を促進する事が出来れば炎症や筋緊張は軽減して症状が改善する事も珍しくありません。

弱い刺激の治療を行っている治療院は、あまり多くはないと思いますが、もしよろしければこのページで書かれている事を治療院選びの参考にして下さいね。

もしどこに相談していいか分からない、どこに相談してもダメだったという人は一度私にお気軽にご相談して下さいね。

どこに行っても治らないしつこい肩こりや、頚椎から発生している症状の治療にはそれなりに自信を持っていますのできっとお力になれると思います。

以上で「肩こりに漢方薬は効果があるのか?」のページの説明を終了させていただきます。
スポンサーリンク



おすすめ記事

肩こりの症状に関連するページ

「なかなか治らないしつこい痛みを発生させる肩こりの本当の原因」

「肩こりの解消や改善にはウォーキングやランニングが効果的」

「肩こりと同時に腕の痛みやだるさ、痺れが発生した時は要注意」

「思い込みや気のせいによって肩こりが発生する事はあり得るのか?」

「肩こりは動かした方がいい?運動不足との関係」

「なかなか治らない肩こりは何科のお医者さんに相談するべきか」

「肩こりの人で肩の力がぬけない、力むクセを治す方法」

「上を見上げる動作で肩こりの痛みが強くなる時は要注意」

「肩こりで視力低下、目の痛み、まぶたが痙攣したりする理由」

「カイロプラクティックやバキボキ音を鳴らす整体は肩こりに有効?」

「肩こりと同時に顔の痛みや痺れ、むくみを感じた時は要注意」

「悪い姿勢や同じ姿勢を維持する事が肩こりにとって負担になる理由」

「肩こりと筋肉痛、肉離れとの違いについて」

「歯が浮く感じや奥歯の痛みなどは肩こりと関連する事がある」

「肩こりに喉の痛みや飲み込みにくい、喉の異物感を感じた時は注意」

「肩こりの部分が熱い、熱くなる症状の原因」

「肩こりなのに骨盤矯正?骨盤や骨の歪みや捻れ、ズレが原因ではない」

「右肩だけ、左肩だけ、肩こりの症状が片方に偏る理由」

「筋トレや腕立て伏せは肩こりに有効か?悪化する可能性も」

「整形外科での牽引治療は肩こりの症状に効果はあるのか?」

「祟りや呪いなど、お化けや幽霊と肩こり(信じていませんが)」

「ひどい肩こりは首のカラーやコルセットをつけるべきか?」

「肩こりに低周波などの電気治療は効果的か?」

「放置するとどうなるのか?肩こりのその後の経過」

「肩こりでお悩みの人が注意すべきカバンやバックの種類や持ち方」

「 抱き枕を使うと肩こりの症状が楽になる理由。抱き枕の高さについて」

「冷たい、冷たく感じる肩こりは要注意」

「肩こりの症状が雨の日や振る前など、天気によって悪化する理由」

「首を動かすと痛い、首が動かない肩こりは要注意」

「重度、重症例の肩こりの症状とは?」

「朝の痛みが強くて起き上がれない肩こりは要注意」

「肩こりの症状と飲酒やアルコールとの関係」

「肩こりや背中の痛みはガンや内臓の病気の可能性?内科に行くべきか?」

「うつや不安感、精神的ストレスで発生する肩こりもある」

「 肩こりの痛む場所がころころ移動したり変化する理由」

「風邪や胃炎、腸炎などによって肩こりは悪化する事もある」

「 ロキソニンなどの痛み止めの薬が効かない肩こりは要注意」

「 顎が痛い、だるいなどの違和感と肩こりとの関係は?」

「 肩こりの症状に遺伝は関係するのか?」

「肩甲骨の動きと肩こりとの関係」

「ヒリヒリやビリビリ、ズキズキ、ジンジン感じるような肩こりは注意」

「交通事故によるむちうちなどで発生する肩こりには要注意」

「鎖骨周辺や胸の痛みが発生した場合は肩こりではない?」

「 猫背は悪いとは限らない?正しい姿勢と肩こりについて」

「異常な痛みを発生させる肩こりは頚椎の問題を疑うべき」

「肩こりの症状にマッサージをして悪化する。揉み返しが発生する理由」

「肩こりでお悩みの人で握力低下、手に力が入らない人は要注意」

「肩こりで頭痛やこめかみの痛み、頭を重く感じる時がある」

「肩こりではない?肩こりに似た症状を発生させる疾患や病気」

このページを読んで頚椎症や頚椎ヘルニアの疑いがある人は以下のページも参考にして下さい。

「肩こりの症状と頸椎症や頸椎ヘルニアの症状との違い」

「頸椎症や頸椎ヘルニアの人が気をつける事、やってはいけない動作」

「病院で首の牽引をすると悪化の可能性がある頸椎症、頸椎ヘルニア」

「頸椎症や頚椎ヘルニアにおすすめの枕の高さ、楽な寝方や姿勢」

「悪化して重症化すると怖い頸椎症や頸椎ヘルニアの前兆症状」

「頸椎症や頸椎ヘルニアなど首が原因で発生する神経痛は何科に受診するべき?」

「首のストレッチや体操後に悪化する頸椎症、頸椎ヘルニア、神経痛」

「頸椎症、頸椎ヘルニア、首からの神経痛の軽度、重症度チェック」

「マッサージで揉み返し、悪化する頸椎症、頸椎ヘルニア」

「首の筋肉を鍛える、筋トレ後に悪化する頸椎症や頸椎ヘルニア」

「再発を繰り返す頸椎症や頸椎ヘルニアなど、首、背中、腕の神経痛」

「頸椎症や頚椎ヘルニアを治す、緩和、改善できる治療院選びのポイント」

「レントゲンやMRIで異常なしと診断される頸椎症や頚椎ヘルニア」

「頸椎症や頚椎ヘルニアなど、腕や手の神経痛の予防法や注意点」

「坐骨神経痛や腰、背中の痛みと内臓の病気やガンとの関連について」

「運動で悪化する頸椎症や頚椎ヘルニアから発生する肩や腕の神経痛」

「頸椎症や頚椎ヘルニア、首、肩、腕、背中が朝方に痛みが強くなる原因」

「頸椎症や頚椎ヘルニアなど、首の神経痛で痛む場所が変化する事」

「お風呂に入って温めるべき?頸椎症や頚椎ヘルニアなど首の神経痛の場合」

「鍼治療は頸椎症や頚椎ヘルニアなど、首や腕の神経痛に効果があるのか?」

「湿布(シップ)は頸椎症や頚椎ヘルニア、首の神経痛に効果はあるのか?」

「雨や天気によって悪化する頸椎症や頚椎ヘルニア、首の神経痛」

「お酒、アルコールと頸椎症や頚椎ヘルニア、首、肩、腕の神経痛」

「安静が大切な頸椎症、頚椎ヘルニアや首、肩、背中、腕の神経痛」

「頸椎症や頚椎ヘルニア、首の神経痛の人が痛み止めを常用するリスク」

「頸椎症や頚椎ヘルニア、首や背中や腕の神経痛は完治するのか?」

「鬱(うつ)やストレスと頸椎症、頚椎ヘルニア、首、腕の神経痛」

「放置や我慢をすると危険な頸椎症、頚椎ヘルニア、首や腕の神経痛」

「骨盤矯正やカイロで悪化する頸椎症や頚椎ヘルニア、首の神経痛」

「急に寒くなったり気温差で悪化する頸椎症、頚椎ヘルニア」

「ケアやメンテナンスが重要な頚椎症、頚椎ヘルニア、首の神経痛」

「運動不足と頚椎症、頚椎ヘルニア、首、肩、背中、腕の神経痛」

「ロキソニン、ボルタレンが効かない事もある頚椎症、頚椎ヘルニア」

「ヨガやピラティスで悪化する可能性がある頚椎症、頚椎ヘルニア」

「筋力低下、手に力が入らなくなる頚椎症、頚椎ヘルニア」

「デスクワーク、パソコンで悪化する頚椎症、頚椎ヘルニア」

「ストレートネックと頚椎症、頚椎ヘルニアとの違い」

「頭痛、吐き気、めまいと頚椎症、頚椎ヘルニアとの関係」

「タブレット、スマートフォン(スマホ)と頚椎症、頚椎ヘルニアとの関係」

「歯、喉、目、胸の痛みや顔の痺れと頚椎症、頚椎ヘルニア」

「発熱や風邪をひくと悪化する頚椎症や頚椎ヘルニア」

「整形外科や病院では治らない頚椎症、頚椎ヘルニア」

「高齢者の加齢、老化で発生する頚椎症、頚椎ヘルニア」

「頚椎症、頚椎ヘルニアと炎症との関係」

「治療後に頚椎症や頚椎ヘルニアの症状が悪化する好転反応」

「突然急に、いきなり発生する頚椎症、頚椎ヘルニア」

「更年期障害、自律神経失調症と頚椎症、頚椎ヘルニアとの関係」

「激痛、鈍痛、重だるい頚椎症や頚椎ヘルニアの症状」

「血行や血流と頚椎症、頚椎ヘルニアとの関係」

「頚椎症や頚椎ヘルニアの人が重たいものを持つ、運ぶ時の注意点」

「漢方薬は頚椎症や頚椎ヘルニアに効果はあるのか?」

「寝不足、疲れや疲労と頚椎症、頚椎ヘルニア」

「頚椎症、頚椎ヘルニアの手術のリスクと後遺症」

「わき腹の痛みと頚椎症、頚椎ヘルニアとの関係」

「頚椎症や頚椎ヘルニアと手、腕の振るえや痙攣」

「抱っこ、育児や子育てで発生しやすい頚椎症、頚椎ヘルニア」

「整体や整骨院で頚椎症や頚椎ヘルニアは治らないのか?」

「頚椎症や頚椎ヘルニアは遺伝が関係するのか?」

「季節の変わり目に発生しやすい頚椎症、頚椎ヘルニア」

「飛行機の乗車で悪化する頚椎症、頚椎ヘルニア」

「ブロック注射の効果が効かない頚椎症、頚椎ヘルニア」

「頚椎症、頚椎ヘルニアの急性期と慢性期」

「頚椎症や頚椎ヘルニアの経過」

「仰向き、横向きで寝れない頚椎症、頚椎ヘルニア」

「頚椎症、頚椎ヘルニアとサプリメントや食べ物の効果」

「頚椎症、頚椎ヘルニアとテニスボールストレッチ」

「手が熱い、冷たいなどの知覚異常と頚椎症、頚椎ヘルニア」

「ラジオ体操は頚椎症や頚椎ヘルニアに効果はあるのか?」

「頚椎ヘルニアがあっても痛くない、無症状」

「若い人にも発生する?頚椎症や頚椎ヘルニアの年齢層」

「夏のエアコン、冷房で悪化する頚椎症、頚椎ヘルニア」

「腰痛や足、下半身の痛みや痺れと頚椎症、頚椎ヘルニア」

「頚椎症や頚椎ヘルニアと似た症状や病気」

 

地図イメージ

豊中市の整体、整骨院
よしだ柔整治療院

【住所】大阪府豊中市南桜塚2-7-1-114 ユニハイム桜塚
【アクセス】阪急電鉄宝塚本線 曽根駅 徒歩7分
【ご相談・ご予約】06-6858-3458
※当院は予約制です 【営業時間】月~金 9:00~12:00 / 13:00~20:00 土曜 9:00~12:00
【定休日】日曜、祝日、土曜日の午後
>>場所・行き方はこちら

【このホームページは私が書いています】

院長 吉田

よしだ柔整治療院
院長のプロフィール

患者さんの声

当院の風景

症状別解説

よくある質問

メールでのお問い合わせ

サイトメニュー

Information

外観

営業時間
平日 9時~12時/13時~20時
土曜 9時~12時
定休日
日曜、祝日、土曜日の午後
所在地
〒561-0882 大阪府豊中市南桜塚2-7-1-114 ユニハイム桜塚
電話番号
06-6858-3458
代表者
吉田 隼