ページの先頭です

トップページ > 症状別解説一覧 > 腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛のストレッチ体操後の痛み、悪化

腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛のストレッチ体操後の痛み、悪化

twD44MofNMLq6kE1467179943_1467179985

最近インターネットや書籍で「腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症など、坐骨神経痛をストレッチで治す」といった文章をよくみかけますね。

ストレッチや体操は、そのやり方が症状に合っているか合っていないかが重要になります。

腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症など、坐骨神経痛であっても、その人に合ったやり方なのであれば、症状が改善する事は十分ありえる話だと思います。

しかし、「ストレッチや体操で坐骨神経痛が改善する人もいる」という話で「ストレッチや体操が大多数の坐骨神経痛の人に効果的」という話ではありません。

逆にストレッチや体操をして、その後に腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症など、坐骨神経痛の痛みが強くなり、悪化したという人も多いのではないでしょうか?

このような事から腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症など、坐骨神経痛とストレッチは相性があまり良くないと私は考えています。

そこでこのページでは「腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛のストレッチ体操後の痛み、悪化」について説明させていただきます。

ちなみに私は医療系の国家資格である柔道整復師という資格を持っている人間です(ここをクリックすると私の柔道整復師免許証の写真が出ます)

医療系の国家資格を持っている人間の端くれとして、出来るだけ丁寧で分かりやすい説明を心がけていますので、こういった事に興味のある人は是非参考にして下さいね。
スポンサーリンク


坐骨神経痛には筋肉を伸ばすと悪化する特徴がある!?

まず簡単に坐骨神経痛の説明をさせていただきます。

勘違いしている人も多いのですが、坐骨神経痛というのは病名ではなく症状の名前です。

坐骨神経痛が出ているという事は、腰椎に腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症など、神経の圧迫が存在している可能性が非常に高いはずです。

そして腰椎で圧迫された神経にはある特徴があらわれます。

圧迫された神経は、伸展(伸ばされる)されると痛みが発生しやすくなるという特徴です。

実際にこの特徴を利用した、坐骨神経痛かを判断するためのテスト法も存在します。

仰向けで足を持ち上げて太ももの裏を伸ばした時に、痛みが発生するかどうかを確認する方法で病院などでも良く用いられている方法です。

SLRテストという名前ですが、行うと症状が悪化する可能性もありますのでオススメはしません。

(病院でこの検査をされて悪化したという方も珍しくありません)
スポンサーリンク


坐骨神経痛の人がストレッチを行う危険性

先ほど説明させていただいた様に、腰椎椎間板ヘルニアなど坐骨神経痛は筋肉を過度に伸ばすと痛みを発生させる特徴を持っています。

ストレッチというのは当然「筋肉を伸ばす事」を目的にしている場合が多く、その他の腰痛体操も大なり小なり筋肉の伸びが発生する動作が非常に多いと思われます。

そのため、他の疾患と比べると坐骨神経痛はストレッチ自体が症状の悪化の原因になる事が非常に多いんですね。

この様な理由が、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症など、坐骨神経痛とストレッチは相性があまり良くないと私が考える理由です。

また、実際に患者さんの中でストレッチをして悪化し、痛みが強くなったという人が非常に多いのも単純な理由の1つでもあります。

もちろん、患者さんの症状は個人差が非常に大きいため、ストレッチをして楽にるなるという例も少なからずある事は認識しています。

坐骨神経痛の症状にも軽症から重症例まで幅広く存在していますので、軽症であればストレッチで改善する事もあるでしょう。

ですが、他の症状と比べると逆効果になる人が多い印象がありますので、無理はしない事をお勧めします。

日常生活に困難を感じている重症例の坐骨神経痛の人は特に注意して下さい。

坐骨神経痛は重症化すると患部周辺に非常に強い炎症を発生させます。

炎症は感覚を過敏にさせる特徴を持っていますので、ストレッチによる体への負担を感じやすくなってしまいます。

ある程度重症化した坐骨神経痛はストレッチが逆効果になる可能性が非常に高くなるという事ですので、ご自分の症状が決して軽症じゃないと感じるのであれば避けた方が無難です。

それなら、他に患者さん自身で痛みを緩和させる方法はないのか?

無難な言い方になってしまって申し訳ありませんが腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症など、坐骨神経痛の患者さんが出来る事で最も効果的な事は「安静」にしていただく事です。

もう少し具体的に言えば最も楽な姿勢でできるだけ過ごす事です。

楽な姿勢や体勢には個人差がありますので、出来るだけ自分が一番楽だと感じる体勢で過ごす様にして下さいね。

坐骨神経痛にとって有効なストレッチや姿勢

ストレッチや体操というような大袈裟なモノではありませんが、軽い坐骨神経痛の症状なら今から説明する方法で改善する事もありますので是非参考にしてくださいね。

まず、横向きで寝るのが楽な人の場合を説明させていただきます。

横向きに寝ていただき、膝を楽な範囲で曲げて両脚を揃えてください。

(痛い側の足を上にしてください)

右膝と左膝、もしくは右太ももと左太ももの間にクッションをいれてください。

個人的にはホームセンターなどで売っている長方形の長座布団を二つ折りにした物がオススメです。

もし分厚すぎるのであれば、二つ折りにしていた折り目をなくせば薄くも出来ますし、調節がしやすいんですね。

そして上側に置いてある脚をわずかに(数センチ程度)下の脚より前に置いてください。

この状態で痛みやしんどさがなければ完了です。しばらくこの状態で安静にしてくださいね。

この方法はクッションを支点に上に置いてある足がわずかに足の重み分引っ張られます。

簡単に説明すれば、非常に弱くて危険性の少ないストレッチを自動で行っているような感覚です。

自分の足の重み分くらいしか腰やお尻を引っ張りませんので、危険性は非常に少なく時間をかける事によって腰やお尻周りの筋肉の緊張を和らげる効果があります。

効果には個人差はありますが、比較的リスクの少ない方法ですので興味のある人は是非試して下さい。

 次に仰向けで寝るのが楽な人の場合を説明させていただきます。

両膝を痛くない範囲で曲げていただき、その膝の下に折り曲げた座布団(クッション)をいれてください。

ここでも先ほど紹介したホームセンターなどで売っている長方形の長座布団を、グルグル巻きにしたものが高さ的にもちょうど膝の下に置くのに適しています。

その座布団の上に膝を乗せて、自然と膝が曲がっている状態になって、痛みやしんどさがなければ終了です。しばらくこの状態で安静にしてくださいね。

この方法もクッションを支点に、足の重み分わずかに腰や股関節周辺の筋肉を引っ張ってくれます。

時間をかければ腰周辺の筋肉の緊張を和らげる効果がありますので是非参考にして下さいね。

「え?それだけで良いの?」という声が聞こえてきそうですが、軽い坐骨神経痛なら本当にこれで改善します。

基本的に坐骨神経痛は、強い刺激を拒絶する事が多いため、治療にしてもストレッチの様な行為にしても、負担をかけない弱い作業が大事になります。

今回のこの方法に関しては、座布団を置く事によってそこが支点となり、脚の重みだけで緊張している腰から太ももに関しての緊張を、わずかながら伸ばします。

これだけで十分です。

逆にこれ以上強い刺激を入れてしまうと、悪化したりしんどくなってしまう可能性もあるため気をつけてください。

もちろん、この方法だけでは改善しない坐骨神経痛もたくさん存在します。

そんな時は是非遠慮なく、早めに私に相談してくださいね。

腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症など坐骨神経痛の治療には自信を持っていますのできっとお力になれると思います。

これで「腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛のストレッチ体操後の痛み、悪化」の説明を終了させていただきますが、下記に腰椎椎間板ヘルニアなど坐骨神経痛に関連するページのリンクも載せていますので、興味のある人はそちらも是非参考にして下さいね。

おすすめ記事


スポンサーリンク


関連するページ

「当院で行う腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症や坐骨神経痛の具体的な治療方法」

「腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛を治す、緩和、改善できる治療院選びのポイント」

「腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の軽度、重症度チェック」

「椎間板ヘルニア、坐骨神経痛と筋肉痛の症状の違い、診断チェックに使える3つの症状」

「腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰痛や坐骨神経痛の原因」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛のマッサージによる悪化、揉み返し(もみかえし)の危険性」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛でも腰は痛くない、腰痛を感じない症状」

「坐骨神経痛が原因で発生するこむら返り、足がつる症状」

「坐骨神経痛の疑いでもレントゲンやMRIで異常なしと診断された」

「腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛は何科に受診するべき?」

「腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の夜の痛みに楽な寝方や姿勢」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛や腰痛におすすめのマットレス」

「子供の腰椎分離すべり症、腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「再発を繰り返す腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛」

「腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の痛む場所が移動したり変化する事」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛が悪化、重症化する前兆症状」

「腰痛や坐骨神経痛と頻尿(トイレが近い)、尿漏れ、便秘、排尿障害、生理不順などの症状との関連性」

「腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛が筋トレで悪化する危険性」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛はお風呂に入って温めるべき?」

「腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛と運動後の悪化について」

「腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の人が気をつける事、悪い姿勢」

「坐骨神経痛と腰椎椎間板ヘルニアとの違い」

「腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症の症状の違いと特徴」

「坐骨神経痛や腰、背中の痛みと内臓の病気やガンとの関連について」

「脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛が安静にする事の重要性」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛にサポーターやコルセットの効果」

「お酒、アルコールと腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛との関係」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、腰の牽引効果、悪化する危険性」

「湿布(シップ)は腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛に効果があるのか?」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛が雨や天気によって悪化する可能性」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の人の楽な椅子の座り方」

「電気治療は腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛に効果はあるのか?」

「寒い日や気温差によって悪化する腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「ソファーや座椅子で腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛が悪化する理由」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛が朝方や朝起きる時に痛い理由」

「腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症や坐骨神経痛の人が痛み止めを常用するリスク」

「歩けないほど痛い腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の人は無理して歩くべきか?」

「うつ伏せが楽だと感じる腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の人の注意点」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛に骨盤矯正は悪化する危険性があります。」

「鬱(うつ)やストレスと腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛との関係」

「腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛は完治するのか?」

「車の運転中に悪化する腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の対処法」

「放置や我慢をしていると危ない腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「癖になるギックリ腰と腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛との関係」

「針治療は腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛に効果はあるのか?」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛のケアやメンテナンスの重要性」

「筋力低下、足に力が入らなくなる腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「正座は楽?悪化する?腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の正座について」

「運動不足は腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛に関係するのか?」

「ロキソニン、ボルタレンが効かない腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛」

「ヨガやピラティスで悪化する可能性がある腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の人がデスクワークで気をつける事」

「ウォーキングは腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛に効果はあるのか?」

「病院の検査後に悪化する事が多い腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「発熱や風邪をひくと悪化する腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「股関節や鼠径部の痛みと腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛との関係」

「肥満や体重の増加と腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛との関係」

「整形外科や病院では治らない腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「治療後に腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛が悪化する好転反応」

「高齢者の加齢、老化で発生する腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「自転車やエアロバイクと腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「スクワットで悪化する腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛と炎症との関係」

「突然急に、いきなり発生する腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「更年期障害、自律神経失調症と坐骨神経痛との関係」

「妊婦、出産など女性に発生する腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「激痛、鈍痛、重だるい、腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の症状」

「首、背中、手の痛み、肩こりと腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の人の楽な起き上がり方」

「血行や血流と腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛との関係」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛で重たい物を持つ、運ぶ時の注意」

「漢方薬は腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛に効果はあるのか?」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の人の靴

地図イメージ

豊中市の整体、整骨院
よしだ柔整治療院

【住所】大阪府豊中市南桜塚2-7-1-114 ユニハイム桜塚
【アクセス】阪急電鉄宝塚本線 曽根駅 徒歩7分
【ご相談・ご予約】06-6858-3458
※当院は予約制です 【営業時間】月~金 9:00~12:00 / 13:00~20:00 土曜 9:00~12:00
【定休日】日曜、祝日、土曜日の午後
>>場所・行き方はこちら

【このホームページは私が書いています】

院長 吉田

よしだ柔整治療院
院長のプロフィール

患者さんの声

当院の風景

症状別解説

よくある質問

メールでのお問い合わせ

友だち追加
※LINEでも予約可能です

サイトメニュー

Information

外観

営業時間
平日 9時~12時/13時~20時
土曜 9時~12時
定休日
日曜、祝日、土曜日の午後
所在地
〒561-0882 大阪府豊中市南桜塚2-7-1-114 ユニハイム桜塚
電話番号
06-6858-3458
代表者
吉田 隼