ページの先頭です

トップページ > 症状別解説一覧 > 大阪、豊中、茨木、吹田、箕面、池田でこむら返りを治す治療院をお探しならよしだ柔整治療院へ

大阪、豊中、茨木、吹田、箕面、池田でこむら返りを治す治療院をお探しならよしだ柔整治療院へ

UOMXev23U3mCA751467558817_1467559027

筋肉は筋繊維というゴムの様な組織の集合体で、伸びたり縮んだりを繰り返して力を生み出します。

しかし筋肉に疲労が溜まると、円滑な筋繊維の伸び縮みができなくなってきます。

この状態のまま無理をすると、筋繊維の伸び縮みに誤作動が起こり、異常な筋収縮を起こして痛みを発生させます。

こういった現象の事を「こむら返り」または「足がつる」と呼ばれます

このページではこむら返りに関して私の治療の考え方を説明していますので、もし治療を考えている方は参考にして下さいね。

こむら返りと坐骨神経痛との関係

こむら返りの痛む場所はふくらはぎ、すね、足裏や足の指など膝から下に起こる事が圧倒的に多いですが、稀に太ももに起こる人も存在し、一定時間まともに歩けない程の激痛が発生ずるのが特徴です。

一般的には激しい運動中に起こる事が多く、テレビでサッカーを観戦していて終盤に足がつって走れなくなっている選手を見たことがある人も多いと思います。

しかし、世の中には激しい運動などをしていない日常生活の中で、足がつったりこむら返りを起こして苦しんでいる患者さんも大勢いらっしゃると思います。

ここからはそういった特に激しい運動などをしていない人で、「こむら返り」や「足がつる」症状で苦しんでいる人の原因について説明していきたいと思います。

結論から先に言わせていただきますね。

激しい運動や強い負担などに心当たりがない人で、頻繁に足がつったりこむら返りを起こす場合は、坐骨神経痛が関わってる可能性が非常に高いです。

この坐骨神経痛が関わっているこむら返りの特徴は、夜中や朝方の寝ている時に発生する事が多く、わずかに足を動かしただけでスイッチが入ったように症状が出現するのが特徴です。

坐骨神経痛という名称を知らない人のために、簡単に坐骨神経痛の説明をさせていただきます。

坐骨神経痛という症状は、腰椎(腰の骨)になんらかの問題が発生してしまい、その近くの神経を圧迫して痛みや痺れが出る症状のことをいいます。

厄介な事に腰椎(腰の骨)付近の神経の圧迫が原因なのに、腰には全く症状が出なくて脚に症状が出る人も珍しくない症状です。

ちなみに腰椎の神経の圧迫の仕方で腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症などの病名がつけられます。

つまり腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症などが病名で、これらの病名から発生する症状の事を坐骨神経痛と呼ぶという事です。

当然、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症と診断された人の多くも、こむら返りや足がつるといった症状でお悩みの人が多いので気を付けてくださいね。

坐骨神経痛が関わると何故足がつったり、こむら返りが起こるのでしょうか?

それには坐骨神経痛のある特徴が関わっています。

坐骨神経痛は先ほどで明させていただいたように、腰椎での神経の圧迫が原因でおこります。

圧迫された神経の周辺は常に炎症反応が強い状態になってしまいます。

炎症反応が強くなると、近くの神経が興奮状態になり感覚が過敏になります。

感覚が過敏になるという事は、簡単に言えば通常よりも負担を感じやすい体になってしまっているという事です。

激しい運動などで強い負担が体に加わっていなくても常に筋肉が緊張状態にあり、ちょっとした弱い負担だけで、こむら返りの原因である筋収縮の誤作動が起こりやすいのは、こういった坐骨神経痛の特徴が関わっているんです。

また、感覚が過敏になっているため常に足が冷えやすい(冷えを感じやすい)状態にもなっています。

足が冷えてしまうと代謝が落ちてしまうため、円滑な筋肉の伸び縮みが余計にしにくい状況になってしまいます。

このため足がつったりこむら返りが起こりやすくなってしまうわけですね。

この体が冷えやすくなるという特徴に関しては、患者さん自身の努力で解決できる場合もあります。

足が冷えやすくなっているのであれば、単純に通常以上に足が冷えすぎない様に気をつければいいんです。

具体的には夜寝る時に靴下を履くなどです。

特にふくらはぎを冷やさない事が重要ですので、ふくらはぎまでかかる靴下を履くか、膝用のサポーターなどをふくらはぎにつけると効果的です。

こういった事でこむら返りが改善する事もありますので是非試してみてくださいね。

当院が行うこむら返りの治療

先ほども説明させていただいたように、夜中のしつこい「こむら返り」は坐骨神経痛が関わっている可能性が高いと思います。

つまりこむら返りを改善する為には坐骨神経痛の治療をしなければいけません。

坐骨神経痛の原因は腰にありますので、具体的には腰の治療になります。

「足の症状なのに腰の治療なの?」

と疑問の声が聞こえてきそうですが、腰や坐骨神経痛の治療をするとこむら返りの症状が改善する事が多いのは紛れもない事実です。

逆に足に痛みが出ているからという理由で、足のマッサージを一生懸命行っても、あまり症状が改善しないというのも良くある話です。

こういった事が、日常生活や夜中にこむら返りや足がつる原因が、坐骨神経痛にあると私が考える根拠でもあります。

そして私は坐骨神経痛の治療を最も得意にしています。

当然、坐骨神経痛が関わっていると思われるこむら返りの治療も得意です。

先ほども説明させていただいたように坐骨神経痛が関わっている人は感覚が過敏になっています。

そのため坐骨神経痛の治療はマッサージなどの強い刺激での治療との相性があまりよくありません。

こむら返りが関わる坐骨神経痛の治療の場合、丁寧で優しい治療が非常に効果的です。

そして、私の治療は非常に優しく丁寧な治療です。私の治療なら治療中に痛みを発生させる事はまずありません。

治療の内容ですが、具体的には足首や膝を丁寧に優しく動かすだけです。

「腰の治療なのに足首や膝を触るの?」

という声が聞こえてきそうですが坐骨神経痛の原因は腰にあります。

そして腰に最も関連の深い関節は股関節です。

股関節の動きがよくなれば腰に原因がある症状はたいてい改善します。

「それならば股関節を触った方がいいんじゃないの?」

という疑問の声がまた聞こえてきそうですが、股関節の動きに最も関連しているのは膝です。

股関節の動きをよくするためには膝を触った方が効果的なんですね。

そして膝の動きに最も関連しているのは足首です。

つまり、腰をよくするためには股関節を、股関節をよくするためには膝を、膝をよくするためには足首をというように、腰を治療するためには足首から順番に膝、股関節と治療をする事が最も効果的なんです。

もちろんバキボキするような強い刺激の治療ではなく、ゆっくり優しく丁寧に動かしていきますので安心してくださいね。

こむら返りでお悩みの方はよしだ柔整治療院にご相談下さい

こういった方法で腰の治療を行えば、こむら返りの症状は高い確率で改善します。

毎日の様にこむら返りが怖くてぐっすり眠れない人も、諦める必要はありません。

私の治療なら毎日安心して眠れるようになります。

もちろん軽症か重症例によって治療回数は異なりますが、3回ほどの治療回数をいただければ、ほとんどの患者さんが実感できる効果を出せる自信があります。

もし大阪市内、豊中市、池田市、吹田市、箕面市、茨木市などでこむら返りの症状を治す、改善、緩和できる治療院をお探しなら是非

よしだ柔整治療院へご相談してください。

よしだ柔整治療院は国道176号線沿いに面している治療院です。

お車でお越しの場合は大阪市内、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、茨木市などから比較的来やすく分かりやすい立地です。

実際に大阪市内、豊中市、吹田市、池田市、箕面市、茨木市から足がつる、こむら返りの治療で多数の人が来院しています。

本気でこむら返りの辛い症状から解放されたい人は是非1度私にお気軽にご相談してくださいね。

もし、質問や疑問がありましたらお問い合わせページのメールか、同じくフェイスブックからコメントを頂ければ必ず返信しますので気軽にご相談して下さいね。

関連するページ

「当院で行う腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症や坐骨神経痛の具体的な治療方法」

「腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛を治す、緩和、改善できる治療院選びのポイント」

「腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の軽度、重症度チェック」

「椎間板ヘルニア、坐骨神経痛と筋肉痛の症状の違い、診断チェックに使える3つの症状」

「腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰痛や坐骨神経痛の原因」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛のマッサージによる悪化、揉み返し(もみかえし)の危険性」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛のストレッチ体操後の痛み、悪化」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛でも腰は痛くない、腰痛を感じない症状」

「坐骨神経痛が原因で発生するこむら返り、足がつる症状」

「坐骨神経痛の疑いでもレントゲンやMRIで異常なしと診断された」

「腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛は何科に受診するべき?」

「腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の夜の痛みに楽な寝方や姿勢」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛や腰痛におすすめのマットレス」

「子供の腰椎分離すべり症、腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「再発を繰り返す腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛」

「腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の痛む場所が移動したり変化する事」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛が悪化、重症化する前兆症状」

「腰痛や坐骨神経痛と頻尿(トイレが近い)、尿漏れ、便秘、排尿障害、生理不順などの症状との関連性」

「腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛が筋トレで悪化する危険性」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛はお風呂に入って温めるべき?」

「腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛と運動後の悪化について」

「腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の人が気をつける事、悪い姿勢」

「坐骨神経痛と腰椎椎間板ヘルニアとの違い」

「腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症の症状の違いと特徴」

「坐骨神経痛や腰、背中の痛みと内臓の病気やガンとの関連について」

「脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛が安静にする事の重要性」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛にサポーターやコルセットの効果」

「お酒、アルコールと腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛との関係」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、腰の牽引効果、悪化する危険性」

「湿布(シップ)は腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛に効果があるのか?」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛が雨や天気によって悪化する可能性」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の人の楽な椅子の座り方」

「電気治療は腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛に効果はあるのか?」

「寒い日や気温差によって悪化する腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「ソファーや座椅子で腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛が悪化する理由」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛が朝方や朝起きる時に痛い理由」

「腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症や坐骨神経痛の人が痛み止めを常用するリスク」

「歩けないほど痛い腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の人は無理して歩くべきか?」

「うつ伏せが楽だと感じる腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の人の注意点」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛に骨盤矯正は悪化する危険性があります。」

「鬱(うつ)やストレスと腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛との関係」

「腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛は完治するのか?」

「車の運転中に悪化する腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の対処法」

「放置や我慢をしていると危ない腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「癖になるギックリ腰と腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛との関係」

「針治療は腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛に効果はあるのか?」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛のケアやメンテナンスの重要性」

「筋力低下、足に力が入らなくなる腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「正座は楽?悪化する?腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の正座について」

「運動不足は腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛に関係するのか?」

「ロキソニン、ボルタレンが効かない腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛」

「ヨガやピラティスで悪化する可能性がある腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の人がデスクワークで気をつける事」

「ウォーキングは腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛に効果はあるのか?」

「病院の検査後に悪化する事が多い腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「発熱や風邪をひくと悪化する腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「股関節や鼠径部の痛みと腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛との関係」

「肥満や体重の増加と腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛との関係」

「整形外科や病院では治らない腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「治療後に腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛が悪化する好転反応」

「高齢者の加齢、老化で発生する腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「自転車やエアロバイクと腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「スクワットで悪化する腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛と炎症との関係」

「突然急に、いきなり発生する腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「更年期障害、自律神経失調症と坐骨神経痛との関係」

「妊婦、出産など女性に発生する腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「激痛、鈍痛、重だるい、腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の症状」

「首、背中、手の痛み、肩こりと腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の人の楽な起き上がり方」

「血行や血流と腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛との関係」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛で重たい物を持つ、運ぶ時の注意」

「漢方薬は腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛に効果はあるのか?」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の人の靴選び」

「寝不足、疲れや疲労と腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の手術のリスクと後遺症」

「わき腹の痛みと腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛との関係」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛とお尻や足の痛みや痙攣」

「抱っこなど産後の育児で発生する腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛は遺伝が関係するのか?」

「季節の変わり目に発生しやすい腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の人が寝返りする時の注意点」

「飛行機の乗車で悪化する腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛で立ち仕事、立っている時の注意」

「階段などでふらつきを感じる腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛とツボを指圧する行為のリスク」

「ブロック注射が効かない腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の急性期と慢性期」

「下腹部やお腹の痛みと腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の症状の経過」

「仰向け、横向きで寝れない腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛とサプリメントや食べ物の効果」

「転んだり転倒して発生する腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛とテニスボールストレッチ」

「足が熱い、冷たい、むずむずなどの知覚異常と坐骨神経痛」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の人が電車に乗る時の注意点」

「水泳や水中ウォーキングと腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛でくしゃみや咳をする時の注意点」

「ラジオ体操は腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛に効果はあるのか?」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛と似た症状や病気」

「腹筋や背筋による腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の悪化の危険性」

「腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症でも無症状」

「若い人にも発生する?腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の年齢層」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛が両足、片足だけに発生する理由」

「梨状筋症候群と腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「原因不明の腰痛、坐骨神経痛の様な太ももの痛み、足の痛み」

「夏のエアコン、冷房で悪化する腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「肉離れと腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛との違い」

「整体や整骨院で腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛は治らないのか?」

地図イメージ

豊中市の整体、整骨院
よしだ柔整治療院

【住所】大阪府豊中市南桜塚2-7-1-114 ユニハイム桜塚
【アクセス】阪急電鉄宝塚本線 曽根駅 徒歩7分
【ご相談・ご予約】06-6858-3458
※当院は予約制です 【営業時間】月~金 9:00~12:00 / 13:00~20:00 土曜 9:00~12:00
【定休日】日曜、祝日、土曜日の午後
>>場所・行き方はこちら

【このホームページは私が書いています】

院長 吉田

よしだ柔整治療院
院長のプロフィール

患者さんの声

当院の風景

症状別解説

よくある質問

メールでのお問い合わせ

友だち追加
※LINEでも予約可能です

サイトメニュー

Information

外観

営業時間
平日 9時~12時/13時~20時
土曜 9時~12時
定休日
日曜、祝日、土曜日の午後
所在地
〒561-0882 大阪府豊中市南桜塚2-7-1-114 ユニハイム桜塚
電話番号
06-6858-3458
代表者
吉田 隼