ページの先頭です

トップページ > 症状別解説一覧 > 腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症や坐骨神経痛の人が痛み止めを常用するリスク

腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症や坐骨神経痛の人が痛み止めを常用するリスク

ZaxHj3DJ5VQoyVC1471008925_1471009037

腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症など、坐骨神経痛で苦しんでいる人の中には、病院からもらった痛み止めを常用している人も多いと思います。

もしかしてあなたも毎日の様に痛み止めを飲んでいませんか?

痛み止めの薬を全否定する気はありませんが、やはり常用した場合は体にとって良い物とは言えません。

そこでこのページでは「腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症や坐骨神経痛の人が痛み止めを常用するリスク」について説明させていただきます。

ちなみに私は医療系の国家資格である柔道整復師という資格を持っている人間です(ここをクリックすると私の柔道整復師免許証の写真が出ます)

医療系の国家資格を持っている人間の端くれとして、出来るだけ丁寧で分かりやすい説明を心がけていますので、こういった事に興味のある人は是非参考にして下さいね。
スポンサーリンク


腰椎椎間板ヘルニアなど坐骨神経痛の人が痛み止めを常用するリスク

まず前提として、痛み止めの効果には個人差が多く、痛みが軽減する人もいれば全く変化しない場合もあります。

単純にその人との薬の相性もあるでしょうし、症状が強すぎて痛み止めでは太刀打ちできないという事も考えられます。

毎日飲んでいてあまり体に良い物ではありませんので、効果がないと感じた人は飲まない事をオススメします。

さて、ここからは腰椎椎間板ヘルニアなど坐骨神経痛の症状をお持ちの人で、痛み止めを飲むと症状が一時的には改善するという人向けの説明に入ります。

私は痛み止めの薬を全否定するつもりはありません。

症状によっては、痛み止めを飲まなければまともに仕事や日常生活も送れない人がいるのは理解しています。

そのため、飲みたくなくても飲まなければまともに生活できないんだという人がいるのも理解しています。

もしくは、大事なスポーツの大会などで飲まなければまともにプレーできないなどの理由もあるでしょう。

しかし、それでも痛み止めを毎日飲み続ける危険性やリスクは知識として持っていて下さい。

私が考える痛み止めを常用するリスクは主に2つです。

1つは単純に内臓への負担です。

痛み止めの薬をもらう時は、胃薬も一緒にもらう事が多いと思います。

その事からも分かる様に、痛み止めの薬は内臓にとっては強い負担になります。

実際に痛み止めの副作用が原因で胃や腎臓などに障害を発生する事はあり得ます。

私が今まで診た患者さんの中にもそういった人は事実おられました。

また、薬物というのは常用すると強い中毒性が発生します。

アメリカではこういった中毒性によって、実際に死亡事故も起きている事例もあります。

必要以上に恐怖心を煽る様な説明にしたくはありませんが、毎日何か月も何年も飲み続けるというのは間違いなく体にとっては毒になる事は理解して下さい。

また、副作用も人によっては発生する可能性があります。

副作用が発生するかどうかは個人差が非常に大きな話でもありますので、あまり大げさに身構えすぎるのもどうかと思いますが、私が今まで診てきた患者さんの中にも誰もが名前を知っている市販で売っている痛み止めの薬で変な副作用が発生した人もいます。

(その人の場合は体の痙攣が止まらなくなりました)

このように、やはり飲むのを避けれるのであれば避けた方が良い物である事は間違いありません。

2つめの理由は、痛み止めを飲む事によって症状をさらに悪化しやすくなっている事です。

どういう事かを説明する前に、まずは「痛み」について簡単に説明させていただきますね。

みなさんを悩ましている「痛み」というのは、脳が作り出している一種の防御反応から発生する感覚です。

簡単に言えば、悪い所を「痛み」によって知らせる危険信号の様なものだと考えてください。

もし腰になんらかの問題が発生した時は、脳が腰を安静にしてほしいので腰に「痛み」を発生させるんです。

「痛み」があるとみなさんは動作を気をつけますよね?

もしくは慎重にそろーっと動きますよね?

人は「痛み」があるとその「痛み」を回避しようとして、悪い場所に出来るだけ負担がかからない様に動きます

(無意識でもです)

当然ですが、日常生活の負担が少なければ少ないほど症状の改善は早くなります。

つまり、「痛み」という脳が発する危険信号の役割は、本人に悪い箇所を知らせると同時に、できるだけ安静にさせるために存在するんですね。

(多くの場合、現状の症状以上にこの信号だけが強くなってしまい厄介な事になっているんですが・・・)

そして痛み止めの薬というのは、その危険信号のスイッチを切ってしまう訳です。

本来は「痛み」を出す事によって、動作による負担が体にかかりにくくしている訳ですが、その「痛み」を無理やり薬で止めてしまうとどうなるでしょうか?

痛み止めが効いている時は症状がマシでも、「痛み」がマシな時の動作の負担により症状は悪化します。

みなさんは痛み止めを飲んで症状が消えたり軽減したら、痛い時と同じ様に慎重に動いていますか?

ほとんどの人間は、痛みが弱ければ特に意識せずに動いていると思います。

中には「ちゃんと気をつけている!!」とおっしゃる人もいるかもしれません。

しかし、本当に強い痛みが出ている時と同じ様に動いていますか?

断言します。

痛み止めで症状が軽減したら、絶対に元の痛みの時と同じレベルで気をつけた動作を意識できていません。

人間の動きを本当の意味で抑制できるのは「痛み」だけです。

気を付けて頂きたいのは、痛み止めを飲む前の症状が「本当のあなたの症状」なんです。

本当であれば強い痛みが出ているのにも関わらず、痛み止めで一時的にごまかしているだけなんです。

本当は強い痛みのせいでまともに動けない状態なのに、痛みがないからといって普通に動いてしまえばその負担により間違いなく悪化します。

本当は普通に動く事すら大変な症状なんですから。
スポンサーリンク


寝不足になるぐらいなら痛み止めは飲んだ方が良い?

もちろん一番最初にも言いましたが、痛み止めを全否定する気はありません。

特に夜寝ている時に強い痛みのせいで寝不足になるような状況なのであれば、夜眠る為にも痛み止めは飲まれた方が良いと思います。

ご存知の人も多いと思いますが、坐骨神経痛は腰椎(腰の骨)の変形によって近くの神経を圧迫して発生しています。

しかし、坐骨神経痛の症状の発生には筋肉の緊張状態や炎症反応の有無、体の疲労状態や精神的なストレスなど様々な要因が複雑に絡み合って発生しています。

十分な睡眠時間を確保する事が出来れば、こういった筋肉の緊張や疲労状態、炎症反応の改善などに繋がり、坐骨神経痛の症状の軽減に大きくプラスに働きます。

逆に言えば、睡眠時間を十分に確保できないと、より症状は重症化してしまう可能性もあるという事です。

それだけ十分な睡眠時間を取るという事は症状の改善にも大きな影響を与えるんです。

痛み止めは決して体にとって良い物ではありませんので、決して飲む事を全肯定する事は出来ません。

しかし寝不足になるリスクを考えれば、多少痛み止めを飲んででも十分な睡眠時間を確保した方が症状は改善します。

寝ている状態なのであれば、上記で説明したような痛み止めの影響で無理して動いてしまうリスクも少ないと思いますので、痛みのせいで夜寝れないような状況に陥っている場合は、痛み止めを飲む事を検討して下さいね。

むしろ、夜寝るために痛み止めの薬を使用する事が、最も適した痛み止めの薬の使用方法だと私は考えています。

痛み止めの薬は結局飲むべきなのか?

ここまでは痛み止めの薬のリスクの説明と、夜寝れない場合は痛み止めは飲むべきという説明をさせていただきました。

こういった説明をすると、坐骨神経痛の患者さんからすれば結局飲むべきなのか?飲まない方が良いのか?混乱してしまうと思います。

また、そもそも痛み止めの薬を飲み続けて症状が改善する事はあるの?と疑問に感じている人も多いでしょう。

一般的には痛み止めの薬の効果は一時的な物ではありますが、飲み続ければ症状が改善する可能性はあり得ます。

少し難しい話になってしまいますが、人間の痛みというものは長時間続くと頭に記憶されると考えられています。

(中枢性疼痛と生理学用語で呼ばれている現象です)

この痛みの記憶が脳の中にあると、体の状態がそれほど悪くなくても痛みを感じやすくなってしまうという厄介な現象で、慢性的な症状のほぼ全てに関わっていると最近では考えられています。

痛み止めの薬は、飲み続ける事によってこの痛みの記憶の改善に役立つと考えられています。

(一時的であっても、何度も何度も痛みの情報を消す事によって脳の痛みの記憶を消す事に繋がる訳です)

しかし、痛みの発生には筋肉の緊張状態や炎症反応の有無も大きく関わりますので、やはり痛み止めを常用するとより症状が悪化するリスクも高まります。

結局は卑怯な答えではありますが、痛み止めを飲み続けた事による結果は人によっては悪化し、人によっては良くなる事もありますので、飲むべきなのかどうかは誰にも分かりません。

ただし、私はあまり常用をするべきではないと考えています。

そもそも、ここで説明させていただいたように、頭の中の痛みの記憶の改善を目的に痛み止めの薬を常用するのであれば、病院で行っているブロック注射を行った方が効果も大きく結果が出るのも早いと思います。

ブロック注射とは、患部周辺に麻酔を打つ事によって痛みの情報を遮断し、脳の中の痛みの記憶を消す事を目的に行われている治療法です。

痛み止めの薬以上に効果が大きく、また結果が出るのも早いので痛み止めの薬を長時間に渡って常用するよりはリスクは少ないと思います。

ブロック注射の効果も個人差は大きいですが、ブロック注射で効果がイマイチなのであれば、痛み止めを常用しても症状が改善する可能性は低くなると思いますので、痛み止めの薬を飲むべきかどうかの判断材料のためにもブロック注射は一つの選択肢としてアリではないでしょうか。

まとめ

ここで簡単にまとめさせていただきますね。

痛み止めを全否定するつもりはありませんが、痛み止めは常用すると症状をより悪化させるリスクが伴います。

そのため避けれるのであれば出来るだけ避けた方が無難だと思います。

ただし、痛みの影響で夜眠れない人の場合は、痛み止めの薬を飲んででも十分な睡眠時間を確保する事が症状の改善に繋がりますので飲んだ方が良いかと思います。

また、痛み止めの薬を常用して症状の改善を目指すのであれば、より効果が大きく結果が出るのも早いブロック注射の方がオススメです。

ブロック注射も効果に個人差が大きい方法ではありますが、一つの選択肢として検討してみて下さいね。

中には色々な治療院や病院に行って、結果的に痛み止めしか手段がないと思っている人も多いと思います。

どこに相談して良いか分からない、どこに行ってもダメだったという人は、一度遠慮なく私にご相談してくださいね。

私は腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症など、坐骨神経痛の治療には、自信を持っていますのできっとお力になれると思います。

以上で「腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症や坐骨神経痛の人が痛み止めを常用するリスク」のページの説明を終了させていただきますが、下記に腰椎椎間板ヘルニアなど坐骨神経痛に関連するページのリンクも載せていますので、興味のある人はそちらも是非参考にして下さいね。

おすすめ記事


スポンサーリンク


関連するページ

「当院で行う腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症や坐骨神経痛の具体的な治療方法」

「腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛を治す、緩和、改善できる治療院選びのポイント」

「腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の軽度、重症度チェック」

「椎間板ヘルニア、坐骨神経痛と筋肉痛の症状の違い、診断チェックに使える3つの症状」

「腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰痛や坐骨神経痛の原因」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛のマッサージによる悪化、揉み返し(もみかえし)の危険性」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛のストレッチ体操後の痛み、悪化」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛でも腰は痛くない、腰痛を感じない症状」

「坐骨神経痛が原因で発生するこむら返り、足がつる症状」

「坐骨神経痛の疑いでもレントゲンやMRIで異常なしと診断された」

「腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛は何科に受診するべき?」

「腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の夜の痛みに楽な寝方や姿勢」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛や腰痛におすすめのマットレス」

「子供の腰椎分離すべり症、腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「再発を繰り返す腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛」

「腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の痛む場所が移動したり変化する事」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛が悪化、重症化する前兆症状」

「腰痛や坐骨神経痛と頻尿(トイレが近い)、尿漏れ、便秘、排尿障害、生理不順などの症状との関連性」

「腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛が筋トレで悪化する危険性」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛はお風呂に入って温めるべき?」

「腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛と運動後の悪化について」

「腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の人が気をつける事、悪い姿勢」

「坐骨神経痛と腰椎椎間板ヘルニアとの違い」

「腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症の症状の違いと特徴」

「坐骨神経痛や腰、背中の痛みと内臓の病気やガンとの関連について」

「脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛が安静にする事の重要性」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛にサポーターやコルセットの効果」

「お酒、アルコールと腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛との関係」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、腰の牽引効果、悪化する危険性」

「湿布(シップ)は腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛に効果があるのか?」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛が雨や天気によって悪化する可能性」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の人の楽な椅子の座り方」

「電気治療は腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛に効果はあるのか?」

「寒い日や気温差によって悪化する腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「ソファーや座椅子で腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛が悪化する理由」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛が朝方や朝起きる時に痛い理由」

「歩けないほど痛い腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の人は無理して歩くべきか?」

「うつ伏せが楽だと感じる腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の人の注意点」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛に骨盤矯正は悪化する危険性があります。」

「鬱(うつ)やストレスと腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛との関係」

「腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛は完治するのか?」

「車の運転中に悪化する腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の対処法」

「放置や我慢をしていると危ない腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「癖になるギックリ腰と腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛との関係」

「針治療は腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛に効果はあるのか?」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛のケアやメンテナンスの重要性」

「筋力低下、足に力が入らなくなる腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「正座は楽?悪化する?腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の正座について」

「運動不足は腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛に関係するのか?」

「ロキソニン、ボルタレンが効かない腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛」

「ヨガやピラティスで悪化する可能性がある腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の人がデスクワークで気をつける事」

「ウォーキングは腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛に効果はあるのか?」

「病院の検査後に悪化する事が多い腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「発熱や風邪をひくと悪化する腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「股関節や鼠径部の痛みと腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛との関係」

「肥満や体重の増加と腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛との関係」

「整形外科や病院では治らない腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「治療後に腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛が悪化する好転反応」

「高齢者の加齢、老化で発生する腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「自転車やエアロバイクと腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「スクワットで悪化する腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛と炎症との関係」

「突然急に、いきなり発生する腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「更年期障害、自律神経失調症と坐骨神経痛との関係」

「妊婦、出産など女性に発生する腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「激痛、鈍痛、重だるい、腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の症状」

「首、背中、手の痛み、肩こりと腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の人の楽な起き上がり方」

「血行や血流と腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛との関係」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛で重たい物を持つ、運ぶ時の注意」

「漢方薬は腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛に効果はあるのか?」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の人の靴選び」

「寝不足、疲れや疲労と腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の手術のリスクと後遺症」

「わき腹の痛みと腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛との関係」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛とお尻や足の痛みや痙攣」

「抱っこなど産後の育児で発生する腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛は遺伝が関係するのか?」

「季節の変わり目に発生しやすい腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の人が寝返りする時の注意点」

「飛行機の乗車で悪化する腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛で立ち仕事、立っている時の注意」

「階段などでふらつきを感じる腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛とツボを指圧する行為のリスク」

「ブロック注射が効かない腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の急性期と慢性期」

「下腹部やお腹の痛みと腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の症状の経過」

「仰向け、横向きで寝れない腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛とサプリメントや食べ物の効果」

「転んだり転倒して発生する腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛とテニスボールストレッチ」

「足が熱い、冷たい、むずむずなどの知覚異常と坐骨神経痛」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の人が電車に乗る時の注意点」

「水泳や水中ウォーキングと腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛でくしゃみや咳をする時の注意点」

「ラジオ体操は腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛に効果はあるのか?」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛と似た症状や病気」

「腹筋や背筋による腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の悪化の危険性」

「腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症でも無症状」

「若い人にも発生する?腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の年齢層」

「腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛が両足、片足だけに発生する理由」

「梨状筋症候群と腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「原因不明の腰痛、坐骨神経痛の様な太ももの痛み、足の痛み」

「夏のエアコン、冷房で悪化する腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛」

「肉離れと腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛との違い」

「整体や整骨院で腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛は治らないのか?」

「腰椎椎間板ヘルニアや座骨神経痛にエレキバンは効果があるのか?」

「床に座る事が腰椎椎間板ヘルニアや座骨神経痛に悪い理由と楽な座り方」

「足ツボや青竹踏みは腰椎椎間板ヘルニアや座骨神経痛に効果的?」

「抱き枕で寝ると腰椎椎間板ヘルニアや座骨神経痛が楽になる理由」

「ふくらはぎやスネの痛み痺れは腰椎椎間板ヘルニアなど座骨神経痛?」

「猫背は悪くない?腰椎椎間板ヘルニアなど座骨神経痛と正しい姿勢」

「踵、足裏や土踏まずの痛み痺れは腰椎椎間板ヘルニアなど座骨神経痛?」

「膝の痛みと腰椎椎間板ヘルニアなど座骨神経痛との関係」

「美容院や歯医者は腰椎椎間板ヘルニアなど座骨神経痛が悪化する?」

「腰椎椎間板ヘルニアなど座骨神経痛と腕や手の痛みや痺れ重だるさとの関係」

「つまずいたりつま先立ちが出来ない腰椎椎間板ヘルニアなど座骨神経痛は注意」

「腰椎椎間板ヘルニアなど座骨神経痛と呼吸すると痛い、息苦しいなどの症状との関係」

「足を組むと腰椎椎間板ヘルニアなど座骨神経痛が楽に感じる理由」

「腰椎椎間板ヘルニアなど座骨神経痛の人が注意したいカバンやバックの種類や持ち方」

「腰椎椎間板ヘルニアなど座骨神経痛と顔の痛みや痺れとの関係」

「腰椎椎間板ヘルニアなど座骨神経痛で寝れない眠れないほどの夜間痛を発生させる理由」

「腰椎椎間板ヘルニアなど座骨神経痛と目の痛みや疲れ、歯痛との関係」

「腰椎椎間板ヘルニアなど座骨神経痛の人が座る椅子の高さの理想は?」

「背伸びや腰を後ろに反らすと腰椎椎間板ヘルニアなど座骨神経痛が悪化する理由」

「靴下やズボンが履けなくなる腰椎椎間板ヘルニアなど座骨神経痛」

「手に力が入らない?握力低下と腰椎椎間板ヘルニアなど座骨神経痛との関係」

「スポーツジムは腰椎椎間板ヘルニアなど座骨神経痛を悪化させる可能性あり」

「前屈で腰椎椎間板ヘルニアなど座骨神経痛が悪化する、楽になる理由」

「冷やすアイシングは腰椎椎間板ヘルニアなど座骨神経痛に効果あり?」

「腰椎椎間板ヘルニアなど座骨神経痛が悪化しにくい掃除機のかけ方」

「腰椎椎間板ヘルニアなど座骨神経痛の症状はチクチク、ビリビリ、ズキズキなど様々」

「弱い痛みや違和感でも常に痛い腰椎椎間板ヘルニアなど座骨神経痛は危険」

「足の痛み、痺れ、麻痺は腰椎椎間板ヘルニアなど坐骨神経痛?」

「アロマテラピーは腰椎椎間板ヘルニアなど座骨神経痛に効果はあるのか?」

「サウナで温める事は腰椎椎間板ヘルニアなど座骨神経痛に効果的?」

地図イメージ

豊中市の整体、整骨院
よしだ柔整治療院

【住所】大阪府豊中市南桜塚2-7-1-114 ユニハイム桜塚
【アクセス】阪急電鉄宝塚本線 曽根駅 徒歩7分
【ご相談・ご予約】06-6858-3458
※当院は予約制です 【営業時間】月~金 9:00~12:00 / 13:00~20:00 土曜 9:00~12:00
【定休日】日曜、祝日、土曜日の午後
>>場所・行き方はこちら

【このホームページは私が書いています】

院長 吉田

よしだ柔整治療院
院長のプロフィール

患者さんの声

当院の風景

症状別解説

よくある質問

メールでのお問い合わせ

友だち追加
※LINEでも予約可能です

サイトメニュー

Information

外観

営業時間
平日 9時~12時/13時~20時
土曜 9時~12時
定休日
日曜、祝日、土曜日の午後
所在地
〒561-0882 大阪府豊中市南桜塚2-7-1-114 ユニハイム桜塚
電話番号
06-6858-3458
代表者
吉田 隼