ページの先頭です

トップページ > 症状別解説一覧 > 同じ姿勢を維持する事が頚椎症や頸椎ヘルニアに良くない理由

同じ姿勢を維持する事が頚椎症や頸椎ヘルニアに良くない理由

ygazxbvcq7qikih1480673856_1480673906

頚椎症や頸椎ヘルニアの症状でお悩みの人の話を聞いていると

「先生、私は同じ姿勢を続けているとどんどん症状が悪化してしまうんですがどうしてなんでしょうか?」

といった質問をよくいただきます。

寝ている時や座っているときなど、動きが少ない状態で長時間いると症状が悪化する人は多く、そのためお困りの人も多いと思います。

そこでこのページでは、同じ姿勢を維持すると頚椎症や頸椎ヘルニアの症状が悪化する理由について説明させていただきます。

ちなみに私は医療系の国家資格である柔道整復師という資格を持っている人間です(ここをクリックすると私の柔道整復師免許証の写真が出ます)

医療系の国家資格を持っている人間の端くれとして、出来るだけ丁寧で分かりやすい説明を心がけていますので、こういった事に興味のある人は是非参考にして下さいね。
スポンサーリンク


筋肉は動かすよりも同じ位置を維持する方が疲労しやすい

ご存知の人も多いかも知れませんが、頚椎症や頸椎ヘルニアとは首の骨や軟骨の変形によって近くの神経を圧迫してしまい、その神経が支配している領域に痛みや痺れといった症状を発生させる疾患です。

つまり大元の原因は首の骨の組織変形であるため、首の関節に加わる負担が大きければ大きいほど症状が悪化する傾向があります。

当然ですが、首の周辺の筋肉が緊張したり疲労したりする事も、首の関節にとっては大きな負担になります。

実は、筋肉は動かしているよりも、同じ位置を維持する動作の方が疲労が溜まりやすいという特徴を持っています。

実際にやってみれば分かりやすいと思うのですが、腕を上げたり下げたりを繰り返すよりも、上げた状態をずっと維持している方がしんどいですよね?このように筋肉は動かすよりも一定の位置を維持する方が疲労がたまりやすいんです。

そして筋肉は動かす事によって、血流を全身に流すためのポンプの役割も果たしているため、筋肉を使って疲労が溜まったとしても、常に筋肉を動かしていれば血流が良くなって疲労物質が一箇所に溜まりにくくなります。

反対に同じ姿勢で体を動かさない状態が続いてしまうと、筋肉は疲労もしやすく更に動きが少ないため血行不良となり、溜まった疲労物質が原因で筋肉は緊張しやすくなってしまいます。

「同じ姿勢」の状態を維持すると頚椎症や頸椎ヘルニアの症状が発生しやすい理由には、こういった筋肉の特徴が関わっているからなんですね。

また、頚椎症や頸椎ヘルニアの症状でお悩みの人の話を聞いていると、朝起きる時が最も症状が辛いという人が非常に多い印象を持っています。

(勿論、すべての人に当てはまる話ではありませんが)

実はこの現象も同じ姿勢を維持している事が関わっているんです。

寝ている時間帯というのは当たり前ですが、人間の日常生活の中で最も動きが少ない時間帯です。

一般的に寝ている姿勢というのは筋肉にとっても楽な姿勢である事が多い事から、寝る姿勢によって筋肉が緊張するという事は少し考えにくい現象だと思います。

しかし、寝ている時間というのは動きが少ない為に血行(血流の状態)が悪くなりやすいという傾向があります。

(血行は筋肉を動かした時に最も良くなりますので、動きの少ない寝ている時というのは血行が悪くなりやすいんです)

頚椎症や頸椎ヘルニアの症状の発生には、筋肉の緊張や疲労の状態だけではなく、炎症反応の有無なども大きく関わっています。

この炎症反応は血管の中に発生する物質ですので、血行が悪くなると一箇所に炎症反応が溜まりやすいといった状況が作られてしまいます。

寝ている時というのは動きが少ないため、その影響で血行が悪くなりやすく、血行が悪くなると炎症反応が一箇所に溜まりやすくなってしまう為に朝方に痛みが強くなってしまうんですね。

ただし、多くの場合は朝起きた時の症状がピークで、起きて動いている内に少し症状が軽減するという人も多いと思います。

これは動く事によって血行が促進され、血管の中に溜まっていた炎症反応が流れてくれますので症状が軽減するんですね。

どういった姿勢であってもしばらく同じ姿勢の後の動き出しが辛くて、その後に動いていると少し楽になるという人は多いと思いますが、こういった現象も血行不良と炎症の特徴が大きく関わっているからなんです。

同じ姿勢を維持しないために気をつける事や注意点

上記では同じ姿勢を維持する事によって頚椎症や頸椎ヘルニアの症状が悪化してしまう理由について説明させていただきました。

ここからはそういった同じ姿勢を維持しない為に気をつける事や注意点について説明させていただきますね。

一般的に日常生活で同じ姿勢を維持しやすい場面で最も多いシーンは、デスクワーク時などの座っている状態である事が多いと思います。

そういった時に気をつけてほしい事なんですが、当たり前のアドバイスですが出来るだけじっとせずに動くようにして下さい。

「デスクワーク中に頻繁に動けない!」と怒る人もいるかも知れませんが、何も頻繁に立ち上がって動けと言っている訳ではありません。

(可能なのであれば頻繁に立ち上がって少し動く方法も決して悪い事ではありませんが)

例えば足の位置を少し変えたり、つま先の方向を変えたり、パソコンに向かう体の向きを変えたり、こういった些細な動きであっても、首や肩を支える筋肉は変化しますし、最も力が入る部分も変化します。

こういった事を出来るだけしんどくなる前に頻繁に行えば、首の負担を軽減する事は可能です。

こういったお話をすると

「頚椎症や頸椎ヘルニアは首が原因なのに足を動かして意味あるの?」

といった質問をよくいただきます。

実は座っている時や立っている時のつま先の方向や、足を置いている位置というのはその姿勢での重心の位置や移動に大きく関わっています。

(重心の位置とは最も体重が加わっている場所の事です)

つま先の方向などが揃って同じ方向を向いていたりすると、どんなに体を動かしても重心の位置は大きく変わりません。

重心の位置があまり変わらないという事は、ずっと同じ姿勢に近い状態をキープしてしまいやすくなりますので、首の関節などへの負担も大きくなってしまうんです。

逆に、つま先の方向や足の位置を細かく変化させてあげると、その影響で重心の位置も変化しますので首の関節の負担もずっと同じ姿勢を維持しているよりは軽減します。

ただし、あくまでも負担を軽減する方法であって、負担をゼロにする方法ではありませんので、可能なのであれば立ち上がって歩いて体をほぐす事も検討して下さいね。

スポンサーリンク


首に負担が加わりやすい悪い姿勢について

首の負担になりやすい動作のひとつに「同じ姿勢」が関わっている事は上記で説明させていただきました。ここからは、首の負担になりやすい「悪い姿勢」について説明させていただきますね。

筋肉の疲労というものは、近くの関節の構造上にそぐわない動作が関わる時に発生しやすくなります。

つまり、首の関節の構造上で問題になる動作であればあるほど首に痛みが発生しやすくなるという事です。

首の関節に負担のかかる動きと言っても、説明すればキリがないほど大量にありますが、大事な事は「首だけを単独で動かしている姿勢」は避けるべきという考え方です。

どういった意味なのか詳しく説明させていただきますね。

どの関節でもそうなんですが、何か作業をしようとした時に、一つの関節が単独で動くという事はまずありません。

歩行なら、股関節、膝関節、足関節が連動して動きます。

手作業なら、肩、肘、手首、指が連動して動きます。

逆に言えば、本来はいくつもの関節を連動して動かなければいけない作業で、一つの関節を単独で動かしてしまうとその周辺には大きな負担がかかってしまうんですね。

首で説明すれば、例えば右に顔を向けた時に、首の動きと連動して、体も少し右に向けていれば首への負担は少なくすみます。

逆に、体は全く動かずに、首だけが単独で右に向いてしまうと過度な負担が首に入ってしまいます。

例えば顔を下に向けた時に、首の動きと連動して、背中を丸めるように下を向いていれば首への負担は少ないです。

逆に、体は全く動かずに、首だけが単独で下を向いてしまうと、過度な負担が首に入ってしまいます。

また、体を丸めるように座っている場合(猫背のような)、下を見る動作ではむしろ良いのですが、その状態で顔を上に上げてしまうと体の向きに対して首だけが単独で動いてしまい、大きな負担になってしまいます(猫背の人のデスクワークに多いですね)

このように、関節というのは単独で動く事はほとんどなく、単独で動かしてしまうと大きな負担の原因になってしまうんです。

首の動きも同様に、首を動かす時は、動かす方向に体も連動して動かさないと首に大きな負担が加わってしまうため、気をつけてくださいね。

悪い姿勢はその人によって個人差も大きい

上記では少しややこしい話ではありますが、首への負担に関わった姿勢について説明させていただきました。

最後にこんな事を言うと混乱させてしまうかもしれませんが、そもそも人によって楽な姿勢や悪い姿勢には個人差が大きいんですね。

一般的に猫背は悪いとされていますが、上記でも少し説明させていただいたように、猫背の人は下方向で作業をする事においては決して悪い姿勢ではありません。

特に頚椎症や頸椎ヘルニアの症状に関しては、神経の圧迫している場所や角度によって大きい個人差が発生しやすい疾患です。

人によっては立っている姿勢が楽だと言う人もいれば、立って歩くのが最も辛いという人もいます。

座ってじっとしているのが楽という人もいれば最も辛いという人もいます。

寝方に関しても人によって楽な姿勢は本当にバラバラです。

その為、本人が楽だと感じる姿勢があなたにとっての正解の姿勢ですので、色々模索してご自分が楽に感じる姿勢を見つけるようにして下さいね。

もちろん、どんなに楽な姿勢であっても、「同じ姿勢を維持」し続ければ症状は発生しやすくなってしまうので気をつけて下さい。

まとめ

ここで簡単にまとめさせていただきますね。

ずっと同じ姿勢を維持すると症状が悪化してしまうのは、同じ姿勢を維持する事によって発生する筋肉の疲労と、じっとしている事による血行不良の状態などが大きく関わっています。

そのため、頚椎症や頸椎ヘルニアの患者さんはわずかでも良いので頻繁に体の位置や腕の位置、姿勢によっては足の位置などを変化させた方が良いかと思います。

(重症例の場合は大きな体位の移動や変化は辛い人もいると思いますので、自分の体と相談しながら行って下さい)

また、そもそも頚椎症や頸椎ヘルニアは楽な姿勢がその人によって大きな個人差がありますので、まずはご自分が楽だと思う姿勢を模索して下さい。

どんなに楽な姿勢であっても、ずっと同じ姿勢を維持するのは辛いと思いますので、自分が楽に感じる姿勢を中心に少し体を動かしたりしながら痛みを回避するように心がけて下さいね。

もしなかなか症状が改善しない場合や、そもそも楽な姿勢が存在しない場合は重症化している可能性もありますので出来るだけ早く信頼できる病院や治療院に相談するように心がけましょう。

もしどこに相談していいか分からない、どこに相談してもダメだったという人は遠慮なく私にご相談して下さいね。

頚椎症や頸椎ヘルニアの治療にはそれなりの自信を持っていますのできっとお力になれると思います。

以上で「同じ姿勢を維持する事が頚椎症や頸椎ヘルニアに良くない理由」についての説明を終了させていただきますが、下記に頚椎症や頚椎ヘルニアに関連するページのリンクも載せていますので興味のある人はそちらも是非参考にして下さいね。

おすすめ記事


スポンサーリンク


頚椎症や頚椎ヘルニアに関連するページ

「肩こりの症状と頸椎症や頸椎ヘルニアの症状との違い」

「頸椎症や頸椎ヘルニアの人が気をつける事、やってはいけない動作」

「病院で首の牽引をすると悪化の可能性がある頸椎症、頸椎ヘルニア」

「頸椎症や頚椎ヘルニアにおすすめの枕の高さ、楽な寝方や姿勢」

「悪化して重症化すると怖い頸椎症や頸椎ヘルニアの前兆症状」

「頸椎症や頸椎ヘルニアなど首が原因で発生する神経痛は何科に受診するべき?」

「首のストレッチや体操後に悪化する頸椎症、頸椎ヘルニア、神経痛」

「頸椎症、頸椎ヘルニア、首からの神経痛の軽度、重症度チェック」

「マッサージで揉み返し、悪化する頸椎症、頸椎ヘルニア」

「首の筋肉を鍛える、筋トレ後に悪化する頸椎症や頸椎ヘルニア」

「再発を繰り返す頸椎症や頸椎ヘルニアなど、首、背中、腕の神経痛」

「頸椎症や頚椎ヘルニアを治す、緩和、改善できる治療院選びのポイント」

「レントゲンやMRIで異常なしと診断される頸椎症や頚椎ヘルニア」

「頸椎症や頚椎ヘルニアなど、腕や手の神経痛の予防法や注意点」

「坐骨神経痛や腰、背中の痛みと内臓の病気やガンとの関連について」

「運動で悪化する頸椎症や頚椎ヘルニアから発生する肩や腕の神経痛」

「頸椎症や頚椎ヘルニア、首、肩、腕、背中が朝方に痛みが強くなる原因」

「頸椎症や頚椎ヘルニアなど、首の神経痛で痛む場所が変化する事」

「お風呂に入って温めるべき?頸椎症や頚椎ヘルニアなど首の神経痛の場合」

「鍼治療は頸椎症や頚椎ヘルニアなど、首や腕の神経痛に効果があるのか?」

「湿布(シップ)は頸椎症や頚椎ヘルニア、首の神経痛に効果はあるのか?」

「雨や天気によって悪化する頸椎症や頚椎ヘルニア、首の神経痛」

「お酒、アルコールと頸椎症や頚椎ヘルニア、首、肩、腕の神経痛」

「安静が大切な頸椎症、頚椎ヘルニアや首、肩、背中、腕の神経痛」

「頸椎症や頚椎ヘルニア、首の神経痛の人が痛み止めを常用するリスク」

「頸椎症や頚椎ヘルニア、首や背中や腕の神経痛は完治するのか?」

「鬱(うつ)やストレスと頸椎症、頚椎ヘルニア、首、腕の神経痛」

「放置や我慢をすると危険な頸椎症、頚椎ヘルニア、首や腕の神経痛」

「骨盤矯正やカイロで悪化する頸椎症や頚椎ヘルニア、首の神経痛」

「急に寒くなったり気温差で悪化する頸椎症、頚椎ヘルニア」

「ケアやメンテナンスが重要な頚椎症、頚椎ヘルニア、首の神経痛」

「運動不足と頚椎症、頚椎ヘルニア、首、肩、背中、腕の神経痛」

「ロキソニン、ボルタレンが効かない事もある頚椎症、頚椎ヘルニア」

「ヨガやピラティスで悪化する可能性がある頚椎症、頚椎ヘルニア」

「筋力低下、手に力が入らなくなる頚椎症、頚椎ヘルニア」

「デスクワーク、パソコンで悪化する頚椎症、頚椎ヘルニア」

「ストレートネックと頚椎症、頚椎ヘルニアとの違い」

「頭痛、吐き気、めまいと頚椎症、頚椎ヘルニアとの関係」

「タブレット、スマートフォン(スマホ)と頚椎症、頚椎ヘルニアとの関係」

「歯、喉、目、胸の痛みや顔の痺れと頚椎症、頚椎ヘルニア」

「発熱や風邪をひくと悪化する頚椎症や頚椎ヘルニア」

「整形外科や病院では治らない頚椎症、頚椎ヘルニア」

「高齢者の加齢、老化で発生する頚椎症、頚椎ヘルニア」

「頚椎症、頚椎ヘルニアと炎症との関係」

「治療後に頚椎症や頚椎ヘルニアの症状が悪化する好転反応」

「突然急に、いきなり発生する頚椎症、頚椎ヘルニア」

「更年期障害、自律神経失調症と頚椎症、頚椎ヘルニアとの関係」

「激痛、鈍痛、重だるい頚椎症や頚椎ヘルニアの症状」

「血行や血流と頚椎症、頚椎ヘルニアとの関係」

「頚椎症や頚椎ヘルニアの人が重たいものを持つ、運ぶ時の注意点」

「漢方薬は頚椎症や頚椎ヘルニアに効果はあるのか?」

「寝不足、疲れや疲労と頚椎症、頚椎ヘルニア」

「頚椎症、頚椎ヘルニアの手術のリスクと後遺症」

「わき腹の痛みと頚椎症、頚椎ヘルニアとの関係」

「頚椎症や頚椎ヘルニアと手、腕の振るえや痙攣」

「抱っこ、育児や子育てで発生しやすい頚椎症、頚椎ヘルニア」

「整体や整骨院で頚椎症や頚椎ヘルニアは治らないのか?」

「頚椎症や頚椎ヘルニアは遺伝が関係するのか?」

「季節の変わり目に発生しやすい頚椎症、頚椎ヘルニア」

「飛行機の乗車で悪化する頚椎症、頚椎ヘルニア」

「ブロック注射の効果が効かない頚椎症、頚椎ヘルニア」

「頚椎症、頚椎ヘルニアの急性期と慢性期」

「頚椎症や頚椎ヘルニアの経過」

「仰向き、横向きで寝れない頚椎症、頚椎ヘルニア」

「頚椎症、頚椎ヘルニアとサプリメントや食べ物の効果」

「頚椎症、頚椎ヘルニアとテニスボールストレッチ」

「手が熱い、冷たいなどの知覚異常と頚椎症、頚椎ヘルニア」

「ラジオ体操は頚椎症や頚椎ヘルニアに効果はあるのか?」

「頚椎ヘルニアがあっても痛くない、無症状」

「若い人にも発生する?頚椎症や頚椎ヘルニアの年齢層」

「夏のエアコン、冷房で悪化する頚椎症、頚椎ヘルニア」

「腰痛や足、下半身の痛みや痺れと頚椎症、頚椎ヘルニア」

「頚椎症や頚椎ヘルニアと似た症状や病気」

「マラソンやランニング、ジョギングで頸椎症や頚椎ヘルニアが悪化する理由」

「上を向くと頚椎症や頚椎ヘルニアなどの症状が痛くなる理由と注意点」

「頚椎症や頚椎ヘルニアから発生する神経痛の症状と筋肉痛との違いについて」

「頚椎症や頚椎ヘルニアにとって楽な椅子や机の高さとは?」

「右肩(腕や手)、左肩だけ頚椎症や頚椎の症状が片方に偏る理由」

「頚椎症や頚椎ヘルニアは首のカラーで固定をするべきか?」

「低周波などの電気治療は頚椎症や頚椎ヘルニアに効果的か?」

「頚椎症や頚椎ヘルニアの人が注意すべきカバンやバックの種類や持ち方」

「昔の交通事故によるむちうちが頚椎症や頚椎ヘルニアの原因になる事がある?」

「頚椎症や頚椎ヘルニアの症状は自転車で悪化する事も多い?」

「顎が痛い、だるいなどの違和感と頚椎症や頚椎ヘルニアとの関係は?」

「猫背は悪いとは限らない?頚椎症や頚椎ヘルニアと猫背との関係」

「お香やアロマテラピーは頚椎症や頚椎ヘルニアなどの症状に効果はあるのか?」

「下を向く時に頚椎症や頚椎ヘルニアの人が気をつける事」

「美容院や歯医者で悪化する可能性のある頚椎症や頚椎ヘルニア」

「頚椎症や頚椎ヘルニアと足裏の痛みやしびれとの関係」

「頚椎症や頚椎ヘルニアから発生する長引く背中の痛みやしびれの特徴」

「頚椎症や頚椎ヘルニアの症状にピップエレキバンは効果があるのか?」

「磁気ブレスレットやネックレスなどの健康アイテムは頚椎症や頚椎ヘルニアに効果あるのか?」

「しびれや麻痺が発生するのは頚椎症や頚椎ヘルニアの症状の特徴」

地図イメージ

豊中市の整体、整骨院
よしだ柔整治療院

【住所】大阪府豊中市南桜塚2-7-1-114 ユニハイム桜塚
【アクセス】阪急電鉄宝塚本線 曽根駅 徒歩7分
【ご相談・ご予約】06-6858-3458
※当院は予約制です 【営業時間】月~金 9:00~12:00 / 13:00~20:00 土曜 9:00~12:00
【定休日】日曜、祝日、土曜日の午後
>>場所・行き方はこちら

【このホームページは私が書いています】

院長 吉田

よしだ柔整治療院
院長のプロフィール

患者さんの声

当院の風景

症状別解説

よくある質問

メールでのお問い合わせ

友だち追加
※LINEでも予約可能です

サイトメニュー

Information

外観

営業時間
平日 9時~12時/13時~20時
土曜 9時~12時
定休日
日曜、祝日、土曜日の午後
所在地
〒561-0882 大阪府豊中市南桜塚2-7-1-114 ユニハイム桜塚
電話番号
06-6858-3458
代表者
吉田 隼