ページの先頭です

トップページ > 症状別解説一覧 > 右肩(腕や手)、左肩だけ頚椎症や頸椎ヘルニアの症状が片方に偏る理由

右肩(腕や手)、左肩だけ頚椎症や頸椎ヘルニアの症状が片方に偏る理由

Fywb3GmY0DXQvSa1496284436_1496284483

頚椎症や頸椎ヘルニアなどの症状でお悩みの人の話を聞いていると

「先生、私は症状が右の首や右肩、右腕や右手と右側だけにしか発生しないんですが何ででしょうか?」

といった質問をよくいただきます。

この場合は右側の話をしましたが、逆に左の首や左肩、左腕や左手というように、左側だけにしか発生しない人もいます。

このように頚椎症や頸椎ヘルニアの症状が片方だけに発生する事は珍しくなく、そのため疑問に感じている人も多いのではないでしょうか?

そこでこのページでは、頚椎症や頸椎ヘルニアの症状が片方に偏る理由について説明させていただきます。

ちなみに私は医療系の国家資格である柔道整復師という資格を持っている人間です(ここをクリックすると私の柔道整復師免許証の写真が出ます)

医療系の国家資格を持っている人間の端くれとして、出来るだけ丁寧で分かりやすい説明を心がけていますので、こういった事に興味のある人は是非参考にして下さいね。
スポンサーリンク


片方に偏って発生する症状は頚椎症や頸椎ヘルニアの特徴でもある

ご存知の人も多いと思いますが、頚椎症や頸椎ヘルニアとは、首の骨や軟骨が変形する事によって近くの神経を圧迫し、その神経が支配している領域に痛みや痺れなどの症状を発生させる疾患です。

そして、この頚椎症や頸椎ヘルニアというのは、右肩だけ、左肩だけというように、片方だけに偏った症状が発生しやすい疾患でもあるんです。

頸椎ヘルニアは首の骨の神経の出入り口を圧迫してしまい症状を発生させる疾患です。

この神経の出入り口は一つの首の骨に左右1箇所ずつあり、その両方を圧迫してしまい症状を発生させる事はまずあり得ません。

ほとんどの場合で左右1箇所ずつある神経の出入り口の内、片方だけを圧迫させて症状を発生させます。

そのため、神経を圧迫された側の症状だけが強くなり、結果的に症状が片方の首や肩、腕や手だけに偏った状態になる事が多いんですね。

「何で私は片側にだけにしか症状が出ないの?」

と疑問に感じている人は意外と多いようですが、頚椎症や頸椎ヘルニアはそもそも片方に症状が偏りやすい疾患なんです。

(患者さんの問診で片方だけに強く偏った症状が発生している場合は、私はまずは頚椎症や頸椎ヘルニアを疑うぐらいです)

もし右側にだけ偏って症状を発生させているのであれば、首の骨の右側の神経の出入り口を圧迫している可能性が高いという事であり、日常生活の中で本人が気がついていないだけで右の首だけに大きな負担をかけるクセが存在しているはずです。

頚椎症や頸椎ヘルニアは首の関節に加わる負担が大きければ大きいほど症状が悪化する傾向がありますので、逆に言えば日常生活の中の負担を軽減する事が出来れば症状が改善する事も珍しくありません。

動作の改善や原因動作の追及は簡単な事ではありませんが、どういった動作で痛いのか?どういった動作を行った後に悪くなる事が多いのか?こういった部分に原因動作が隠れている事が多いと思いますので、一度自分の生活環境を見直すきっかけにして下さいね。

スポンサーリンク


頚椎症や頸椎ヘルニアの症状は必ずしも片側だけに発生するものではない

上記では、頚椎症や頸椎ヘルニアの症状は片方に偏りやすいという説明をさせていただきましたが、必ずしもこういった頚椎が関わる疾患が片側だけに発生すると言っている訳ではありません。

こんな事を言うとこのページの説明の全否定になってしまうかも知れませんが、両側に頚椎症や頸椎ヘルニアの症状が発生する事もあり得ます。

(ただし、やはり片側に強い症状が偏りやすいという傾向は間違いなくあります)

上記では首の骨の神経の出入り口は、一つの首の骨に左右2箇所あるという事は先ほど説明させていただきました。

そしてその左右の内のどちらか一方を圧迫するため、症状は片方に偏りやすいとも説明しました。

しかし、首の骨(関節)は通常では7つあるんですね。

(聞いた事がある人もいると思いますが1番2番と首の関節には番号がついています)

その7つある首の骨の内の一つは右の神経の出入り口を圧迫して、他の首の骨では左の神経の出入り口を圧迫していた場合、右肩にも左肩にも症状は発生させます。

つまり両側に症状が発生している場合は、最低でも2箇所以上の神経の圧迫があるという事になるんです。

一般的には神経が圧迫している箇所が多ければ多いほど症状も重症化しやすい傾向がありますので、もし両側に似たような症状を感じる時は注意が必要です。

ただ、仮に両側に症状が発生していたとしても、ほとんどの場合でどちらか片側に強い症状が偏っているケースが多いとは思います。

(両側に同じレベルの強い症状が発生している事は稀ですし、そういった症状が発生している場合はかなり厄介な状況だと思います)

頚椎症や頸椎ヘルニアの症状は痛む場所が途中で変わる事もある?

さて、ここまでは頚椎症や頸椎ヘルニアは右側か左側などどちらか片方に症状が偏る事が多い疾患ですが、神経圧迫の場所が2箇所以上ある場合は両側に症状が発生する事もあるという説明をさせていただきました。

ただ、厄介な事に普段は片方にしか症状が感じていないのに、その症状が改善すると突然反対側に痛みが発生するという事もあります。

例えば、普段は右側の首や肩、腕や手に症状が発生していたのに、その症状が改善すると突然左側の首や肩などに痛む場所が変化するといった現象が起こる事があるんです。

実は痛みの感覚を作り出している脳は、その人の体の悪い箇所に優先順位をつけていますので、一番悪い箇所以外の痛みは感じにくいといった特徴を持っています。

つまり、一番悪かった箇所が改善すると、その次に悪かった箇所の痛みを感じやすくなるという事です。

両側に頚椎症や頸椎ヘルニアの症状が発生していたとしても、どちらか片側の症状の方が症状が明らかに強い時はマシな方の痛みはあまり感じにくいんです。

しかし、片側の強かった症状が改善すると、反対側の状態の方が脳は悪いと判断しますので急に痛みを感じるようになるんですね。

痛む場所が突然変化したり移動したりすると、患者さんからしたらあまり気分の良い反応とは言えないと思いますが、治る過程の反応としてよく見る事が多い反応でもありますので、こういった現象に心当たりがある人はあまり心配しすぎないようにして下さいね。

まとめ

ここで簡単にまとめさせていただきますね。

頚椎症や頸椎ヘルニアの大元の原因である神経圧迫は、首の骨に左右一つずつ存在している神経の出入り口の片側を圧迫して発生する事が多く、そのため右側か左側のどちらかに偏った症状を発生させやすい疾患と言えます。

つまり、頚椎症や頸椎ヘルニアの症状が片側に偏る事は珍しい事でも何でもなく、むしろ片側に偏った症状を発生させやすいという特徴を持っている疾患なんです。

しかし、頚椎症や頸椎ヘルニアの症状が必ず片側にしか発生しないという訳ではなく、神経を圧迫している箇所が2箇所以上ある場合は両側に発生する事もあります。

一般的に神経圧迫している箇所が多ければ多いほど症状も重症化しやすい傾向はありますので、もし両側に症状を感じた事がある人は注意して下さいね。

また、片側だけの症状であっても、頚椎症や頸椎ヘルニアの症状は重症化すると夜も眠れなくなったり、手の握力がなくなるなど本当に厄介な症状を発生させますので、出来るだけ早く信頼出来る病院や治療院に相談するように心がけて下さい。

もしどこに相談していいか分からない、どこに相談してもダメだったという人は一度私にお気軽にご相談して下さいね。

どこに行っても治らない頚椎から発生している症状の治療にはそれなりに自信を持っていますのできっとお力になれると思います。

以上で「右肩(腕や手)、左肩だけ頚椎症や頸椎ヘルニアの症状が片方に偏る理由」のページの説明を終了させていただきますが、下記に頚椎症や頚椎ヘルニアに関連するページのリンクも載せていますので興味のある人はそちらも是非参考にして下さいね。

おすすめ記事


スポンサーリンク


頚椎症や頚椎ヘルニアに関連するページ

「肩こりの症状と頸椎症や頸椎ヘルニアの症状との違い」

「頸椎症や頸椎ヘルニアの人が気をつける事、やってはいけない動作」

「病院で首の牽引をすると悪化の可能性がある頸椎症、頸椎ヘルニア」

「頸椎症や頚椎ヘルニアにおすすめの枕の高さ、楽な寝方や姿勢」

「悪化して重症化すると怖い頸椎症や頸椎ヘルニアの前兆症状」

「頸椎症や頸椎ヘルニアなど首が原因で発生する神経痛は何科に受診するべき?」

「首のストレッチや体操後に悪化する頸椎症、頸椎ヘルニア、神経痛」

「頸椎症、頸椎ヘルニア、首からの神経痛の軽度、重症度チェック」

「マッサージで揉み返し、悪化する頸椎症、頸椎ヘルニア」

「首の筋肉を鍛える、筋トレ後に悪化する頸椎症や頸椎ヘルニア」

「再発を繰り返す頸椎症や頸椎ヘルニアなど、首、背中、腕の神経痛」

「頸椎症や頚椎ヘルニアを治す、緩和、改善できる治療院選びのポイント」

「レントゲンやMRIで異常なしと診断される頸椎症や頚椎ヘルニア」

「頸椎症や頚椎ヘルニアなど、腕や手の神経痛の予防法や注意点」

「坐骨神経痛や腰、背中の痛みと内臓の病気やガンとの関連について」

「運動で悪化する頸椎症や頚椎ヘルニアから発生する肩や腕の神経痛」

「頸椎症や頚椎ヘルニア、首、肩、腕、背中が朝方に痛みが強くなる原因」

「頸椎症や頚椎ヘルニアなど、首の神経痛で痛む場所が変化する事」

「お風呂に入って温めるべき?頸椎症や頚椎ヘルニアなど首の神経痛の場合」

「鍼治療は頸椎症や頚椎ヘルニアなど、首や腕の神経痛に効果があるのか?」

「湿布(シップ)は頸椎症や頚椎ヘルニア、首の神経痛に効果はあるのか?」

「雨や天気によって悪化する頸椎症や頚椎ヘルニア、首の神経痛」

「お酒、アルコールと頸椎症や頚椎ヘルニア、首、肩、腕の神経痛」

「安静が大切な頸椎症、頚椎ヘルニアや首、肩、背中、腕の神経痛」

「頸椎症や頚椎ヘルニア、首の神経痛の人が痛み止めを常用するリスク」

「頸椎症や頚椎ヘルニア、首や背中や腕の神経痛は完治するのか?」

「鬱(うつ)やストレスと頸椎症、頚椎ヘルニア、首、腕の神経痛」

「放置や我慢をすると危険な頸椎症、頚椎ヘルニア、首や腕の神経痛」

「骨盤矯正やカイロで悪化する頸椎症や頚椎ヘルニア、首の神経痛」

「急に寒くなったり気温差で悪化する頸椎症、頚椎ヘルニア」

「ケアやメンテナンスが重要な頚椎症、頚椎ヘルニア、首の神経痛」

「運動不足と頚椎症、頚椎ヘルニア、首、肩、背中、腕の神経痛」

「ロキソニン、ボルタレンが効かない事もある頚椎症、頚椎ヘルニア」

「ヨガやピラティスで悪化する可能性がある頚椎症、頚椎ヘルニア」

「筋力低下、手に力が入らなくなる頚椎症、頚椎ヘルニア」

「デスクワーク、パソコンで悪化する頚椎症、頚椎ヘルニア」

「ストレートネックと頚椎症、頚椎ヘルニアとの違い」

「頭痛、吐き気、めまいと頚椎症、頚椎ヘルニアとの関係」

「タブレット、スマートフォン(スマホ)と頚椎症、頚椎ヘルニアとの関係」

「歯、喉、目、胸の痛みや顔の痺れと頚椎症、頚椎ヘルニア」

「発熱や風邪をひくと悪化する頚椎症や頚椎ヘルニア」

「整形外科や病院では治らない頚椎症、頚椎ヘルニア」

「高齢者の加齢、老化で発生する頚椎症、頚椎ヘルニア」

「頚椎症、頚椎ヘルニアと炎症との関係」

「治療後に頚椎症や頚椎ヘルニアの症状が悪化する好転反応」

「突然急に、いきなり発生する頚椎症、頚椎ヘルニア」

「更年期障害、自律神経失調症と頚椎症、頚椎ヘルニアとの関係」

「激痛、鈍痛、重だるい頚椎症や頚椎ヘルニアの症状」

「血行や血流と頚椎症、頚椎ヘルニアとの関係」

「頚椎症や頚椎ヘルニアの人が重たいものを持つ、運ぶ時の注意点」

「漢方薬は頚椎症や頚椎ヘルニアに効果はあるのか?」

「寝不足、疲れや疲労と頚椎症、頚椎ヘルニア」

「頚椎症、頚椎ヘルニアの手術のリスクと後遺症」

「わき腹の痛みと頚椎症、頚椎ヘルニアとの関係」

「頚椎症や頚椎ヘルニアと手、腕の振るえや痙攣」

「抱っこ、育児や子育てで発生しやすい頚椎症、頚椎ヘルニア」

「整体や整骨院で頚椎症や頚椎ヘルニアは治らないのか?」

「頚椎症や頚椎ヘルニアは遺伝が関係するのか?」

「季節の変わり目に発生しやすい頚椎症、頚椎ヘルニア」

「飛行機の乗車で悪化する頚椎症、頚椎ヘルニア」

「ブロック注射の効果が効かない頚椎症、頚椎ヘルニア」

「頚椎症、頚椎ヘルニアの急性期と慢性期」

「頚椎症や頚椎ヘルニアの経過」

「仰向き、横向きで寝れない頚椎症、頚椎ヘルニア」

「頚椎症、頚椎ヘルニアとサプリメントや食べ物の効果」

「頚椎症、頚椎ヘルニアとテニスボールストレッチ」

「手が熱い、冷たいなどの知覚異常と頚椎症、頚椎ヘルニア」

「ラジオ体操は頚椎症や頚椎ヘルニアに効果はあるのか?」

「頚椎ヘルニアがあっても痛くない、無症状」

「若い人にも発生する?頚椎症や頚椎ヘルニアの年齢層」

「夏のエアコン、冷房で悪化する頚椎症、頚椎ヘルニア」

「腰痛や足、下半身の痛みや痺れと頚椎症、頚椎ヘルニア」

「頚椎症や頚椎ヘルニアと似た症状や病気」

「マラソンやランニング、ジョギングで頸椎症や頚椎ヘルニアが悪化する理由」

「上を向くと頚椎症や頚椎ヘルニアなどの症状が痛くなる理由と注意点」

「頚椎症や頚椎ヘルニアから発生する神経痛の症状と筋肉痛との違いについて」

「頚椎症や頚椎ヘルニアにとって楽な椅子や机の高さとは?」

「同じ姿勢を維持する事が頚椎症や頚椎ヘルニアに良くない理由」

「頚椎症や頚椎ヘルニアは首のカラーで固定をするべきか?」

「低周波などの電気治療は頚椎症や頚椎ヘルニアに効果的か?」

「頚椎症や頚椎ヘルニアの人が注意すべきカバンやバックの種類や持ち方」

「昔の交通事故によるむちうちが頚椎症や頚椎ヘルニアの原因になる事がある?」

「頚椎症や頚椎ヘルニアの症状は自転車で悪化する事も多い?」

「顎が痛い、だるいなどの違和感と頚椎症や頚椎ヘルニアとの関係は?」

「猫背は悪いとは限らない?頚椎症や頚椎ヘルニアと猫背との関係」

「お香やアロマテラピーは頚椎症や頚椎ヘルニアなどの症状に効果はあるのか?」

「下を向く時に頚椎症や頚椎ヘルニアの人が気をつける事」

「美容院や歯医者で悪化する可能性のある頚椎症や頚椎ヘルニア」

「頚椎症や頚椎ヘルニアと足裏の痛みやしびれとの関係」

「頚椎症や頚椎ヘルニアから発生する長引く背中の痛みやしびれの特徴」

「頚椎症や頚椎ヘルニアの症状にピップエレキバンは効果があるのか?」

「磁気ブレスレットやネックレスなどの健康アイテムは頚椎症や頚椎ヘルニアに効果あるのか?」

「しびれや麻痺が発生するのは頚椎症や頚椎ヘルニアの症状の特徴」

地図イメージ

豊中市の整体、整骨院
よしだ柔整治療院

【住所】大阪府豊中市南桜塚2-7-1-114 ユニハイム桜塚
【アクセス】阪急電鉄宝塚本線 曽根駅 徒歩7分
【ご相談・ご予約】06-6858-3458
※当院は予約制です 【営業時間】月~金 9:00~12:00 / 13:00~20:00 土曜 9:00~12:00
【定休日】日曜、祝日、土曜日の午後
>>場所・行き方はこちら

【このホームページは私が書いています】

院長 吉田

よしだ柔整治療院
院長のプロフィール

患者さんの声

当院の風景

症状別解説

よくある質問

メールでのお問い合わせ

友だち追加
※LINEでも予約可能です

サイトメニュー

Information

外観

営業時間
平日 9時~12時/13時~20時
土曜 9時~12時
定休日
日曜、祝日、土曜日の午後
所在地
〒561-0882 大阪府豊中市南桜塚2-7-1-114 ユニハイム桜塚
電話番号
06-6858-3458
代表者
吉田 隼