ページの先頭です

トップページ > 症状別解説一覧 > 頸椎ヘルニアがあっても痛くない、無症状

頸椎ヘルニアがあっても痛くない、無症状

I_lSuREcVpQNztM1467560044_1467560095

頚椎症や頸椎ヘルニアなどは、首や肩や背中、腕や手に痺れや強い痛みを発生させる非常に厄介な疾患です。

しかし、頸椎ヘルニアとレントゲンやMRIで診断されたとしても、症状を全く感じない、無症状の人が実は世の中には存在します。

(軽い肩こり程度の症状はあるかもしれませんが)

そんな事なんてあり得るの?と不思議に思う人もおられると思いますが事実です。

もっと言えば、頚椎に何らかの問題が発生していたとしても、症状を感じていない人は大勢おられると思いますので、自分が頸椎ヘルニアになっていたとしても気がついていない人もいると思います。

(実際に、検査をしたら症状がないのにヘルニアが見つかったという話はたまに聞きます)

そこでこのページでは「頸椎ヘルニアがあっても痛くない、無症状」について説明させていただきますね。

ちなみに私は医療系の国家資格である柔道整復師という資格を持っている人間です(ここをクリックすると私の柔道整復師免許証の写真が出ます)

医療系の国家資格を持っている人間の端くれとして、出来るだけ丁寧で分かりやすい説明を心がけていますので、こういった事に興味のある人は是非参考にして下さいね。
スポンサーリンク


頸椎ヘルニアの症状は神経の圧迫だけが原因で発生している訳ではない

頸椎ヘルニアと診断された事がある人の場合、頚椎(首の骨)のどこかで神経を圧迫している箇所が見つかったという事になります。

頚椎で神経を圧迫すると首や肩、背中や腕に痛みや痺れが発生すると考えられています。

しかし冒頭でも説明したように、頸椎ヘルニアと診断された人(神経の圧迫がある人)なのに症状が発生しない、つまり無症状の人は実際に存在します。

ここからは何故そういった現象が発生するのかを説明させていただきますね。

痛覚というものは脳が作り出している一種の感覚です。

脳の中で作られる感覚というものは、体のあちこちから集められた情報によって作られます。

体のあちこちから伝わる情報から感覚を作り出しているのであれば、たった一つの情報だけでは痛みという感覚は作られにくいんです。

「神経を圧迫している」という情報は痛みに深く関わりますが、脳はこの一つの情報だけで痛覚を形成しているのではなく、筋肉の緊張状態の情報や炎症の有無の情報なども含めて痛みという感覚を作り出しています。

(他にも精神的なストレスや体の中の栄養素なども痛みの発生には大きく関わっている可能性があります)

つまり神経が圧迫されていたとしても、その周辺の筋肉の緊張や炎症の状態などが悪くなければ「痛み」という感覚は発生しないんです。

(痛みが発生しにくいと言った方が適切かもしれません)

そのため、頸椎ヘルニアなどの神経の圧迫があっても無症状という事はあり得るんですね。

また、こういった事は決して頚椎症や頸椎ヘルニアだけに限定した話でもありません。

頚椎症や頸椎ヘルニアとは違った話になりますが、膝の軟骨や半月板の損傷と診断された人でも場合によっては炎症や筋肉の緊張を改善すれば症状が消える事はあります。

実際に私は今まで何人も膝の半月板損傷の患者さんの症状を改善してきましたので。

そして、そういった患者さんの中には痛みが取れた後に再びMRI検査をされた人もおられます。

その人の検査結果は変わらず半月板損傷でした。

つまり、痛みが取れた後も膝の軟骨や半月板の損傷はそのままだったんです。

こういった事からも分かるように、痛みの発生に骨や軟骨の変形や損傷は大きく関わっていますが、そういった問題点があったとしても、痛みを発生させている他の要因に問題がなければ症状が発生しないという事は十分あり得るんですね。

頸椎ヘルニアの症状が神経圧迫だけで発生しないと考える根拠

上記では頸椎ヘルニアなど骨や軟骨の変形や損傷、神経の圧迫などがあったとしても炎症や筋肉の緊張など、痛みを作る他の要因に問題がなければ症状が発生しない事はあり得るという説明をさせていただきました。

ちなみにこの根拠を証明するためだけに、私の師匠が過去に手術をされた事があります。

MRIでヘルニアが見つかりましたが、師匠は全く痛みなどの症状はありませんでした。

(確かMRI検査を受けたのもただの興味本位だったと思います)

そこで本当に神経を圧迫されているかを知るために、知り合いの医者に手術を頼んでビデオで圧迫があるかを撮影してもらいました。

何故そんな手術をしたかと言うと、神経圧迫が実際にあったとしても症状が発生しない事はあり得るという事を証明したかったからだそうです。

私もその映像を実際に見させてもらいましたが、神経の圧迫は事実存在していました。

つまり、実際に神経の圧迫が発生していても痛みや症状が発生しない状況という事はあり得るという証明になった訳です。

(この証明をするためだけに手術をする師匠は変人だと思いますが尊敬しています)

しかし注意してほしいのですが、骨や軟骨の変形や神経圧迫があっても症状を感じない事はあり得ると言っているだけであって、それらの問題点が痛みの発生に無関係などというような極論を言うつもりはありません。

骨や軟骨の変形や神経圧迫の状態が重症化していればいるほど、痛みが発生しやすく、また厄介な症状を発生させやすいという事は間違いありませんので注意して下さいね。

(稀に痛みの発生に神経の圧迫は全く関係ない!という極論を言う人がいますがそういった説は流石に無茶苦茶ですので)

スポンサーリンク


 

神経圧迫があっても無症状があり得るという事は手術以外の治療で症状が改善する可能性の根拠にもなる

ここまでは、頸椎ヘルニアなど骨や軟骨の変形や神経の圧迫があったとしても、痛みの発生に大きく関わっている筋肉の緊張や炎症反応に問題がなければ無症状になる事はあり得るという説明をさせていただきました。

実はこういったお話は、手術以外の治療によって頚椎症や頸椎ヘルニアの症状が改善する可能性がある事の根拠にもなっています。

頸椎ヘルニアのように骨や軟骨の変形、神経圧迫があっても、筋肉の緊張状態や炎症反応の状態の問題が大きくなければ無症状になるという事は、症状が現在出ている人も症状の発生に関わっているであろう筋肉の緊張や炎症反応を改善する事が出来れば無症状になる可能性があるという事なんですね。

つまり、手術などで骨の変形や神経の圧迫を除去しなくても症状が改善する可能性は十分あり得るんです。

(ちなみに、上記で私の師匠はこの事を証明したくて症状が出ていないのに手術をしました)

ただし、決して簡単な事ではありません。

筋肉の緊張を改善すれば症状が改善する!という話を聞くと多くの人はマッサージやストレッチなどによって筋肉を緩める事を思い浮かべると思います。

しかし、頚椎症や頸椎ヘルニアはマッサージやストレッチなどとの治療法と相性があまり良くありません。

頸椎ヘルニアで症状が発生している場合は、強い筋肉の緊張の他に強い炎症反応が発生しているはずです。

この強い炎症反応というのが、頸椎ヘルニアの治療をする上で最も厄介な障害となります。

炎症反応は近くの神経を興奮させて感覚を過敏にさせるという特徴を持っています。

感覚が過敏になってしまうため、普段や通常であれば何でもないような弱い刺激でも痛みを感じやすくなってしまうんです。

そして、こういった弱い刺激で痛みを感じてしまう人にとっては、マッサージやストレッチは刺激が強すぎて逆に症状が悪化してしまう事も珍しくありません。

そのため、もし頚椎症や頸椎ヘルニアの治療を考えているのであれば、とにかく刺激の弱い優しい治療を行う治療院を選択するようにして下さいね。

症状の重症度によっては手術をしなければいけない場合もある

このページでは頸椎ヘルニアがあっても無症状である可能性はあり、また症状が出ている人でも手術以外で改善する可能性は十分ある事を説明させていただきました。

しかし勘違いはしないで下さいね。

頸椎ヘルニアなどの神経圧迫の問題があっても症状が改善する事はありますが、骨の変形や神経圧迫の重症度によっては限界もあり、やはり手術をしなければいけない人も一定数おられます。

世の中には手術を絶対的に敵視している人もいますが、やはり手術をした方が良い人も確実に存在するんです。

特に腕や手に全く力が入らない、物を掴む事が出来ないなどの強い運動障害が発生していたり、夜も疼いて眠れないような状態が長期間に渡って発生している人は注意して下さい。

こういった症状でも手術以外で改善した例はたくさん知っていますが、もしこういった症状に心当たりがあって色々試したけどうまくいかなかったのであれば、その症状は手術の適応範囲だと思います。

手術もリスクはゼロではありませんが、本来は手術をしなければいけない状況を放置するリスクの方が個人的には危険だと思いますので、もし心当たりがある人は参考にして下さいね。

 

まとめ

ここで簡単にまとめさせていただきますね。

頸椎ヘルニアのように神経を圧迫していたとしても症状が発生しないという事は実際にあり得ます。

痛みの発生には神経の圧迫だけが原因ではなく、筋肉の緊張状態や炎症反応の有無も大きく関わるからです。

こういった考え方は、神経の圧迫があっても痛みの発生に関わる他の要因の操作をすれば症状を改善させる事が出来る根拠でもあります。

ただし、どうやっても手術しなければ改善しない人も一定数存在します。

そういった時は意地をはらずに出来るだけ早く信頼できる病院に相談する様にして下さい。

もしどこに相談していいか分からない、どこに行ってもダメだったという人は1度私にお気軽にご相談してくださいね。

頸椎症や頚椎ヘルニア、首、肩、背中、腕や手の神経痛の治療には自信を持っていますので、きっとお力になれると思います。

以上で「頸椎ヘルニアがあっても痛くない、無症状」のページの説明を終了させていただきますが、下記に頚椎症や頚椎ヘルニアに関連するページのリンクも載せていますので、興味のある人はそちらも是非参考にして下さいね。

おすすめ記事


スポンサーリンク


関連するページ

「当院で行う頚椎症、頚椎ヘルニア、首、肩、背中、腕や手の神経痛の具体的な治療方法」

「肩こりの症状と頸椎症や頸椎ヘルニアの症状との違い」

「頸椎症や頸椎ヘルニアの人が気をつける事、やってはいけない動作」

「病院で首の牽引をすると悪化の可能性がある頸椎症、頸椎ヘルニア」

「頸椎症や頚椎ヘルニアにおすすめの枕の高さ、楽な寝方や姿勢」

「悪化して重症化すると怖い頸椎症や頸椎ヘルニアの前兆症状」

「頸椎症や頸椎ヘルニアなど首が原因で発生する神経痛は何科に受診するべき?」

「首のストレッチや体操後に悪化する頸椎症、頸椎ヘルニア、神経痛」

「頸椎症、頸椎ヘルニア、首からの神経痛の軽度、重症度チェック」

「マッサージで揉み返し、悪化する頸椎症、頸椎ヘルニア」

「首の筋肉を鍛える、筋トレ後に悪化する頸椎症や頸椎ヘルニア」

「再発を繰り返す頸椎症や頸椎ヘルニアなど、首、背中、腕の神経痛」

「頸椎症や頚椎ヘルニアを治す、緩和、改善できる治療院選びのポイント」

「レントゲンやMRIで異常なしと診断される頸椎症や頚椎ヘルニア」

「頸椎症や頚椎ヘルニアなど、腕や手の神経痛の予防法や注意点」

「坐骨神経痛や腰、背中の痛みと内臓の病気やガンとの関連について」

「運動で悪化する頸椎症や頚椎ヘルニアから発生する肩や腕の神経痛」

「頸椎症や頚椎ヘルニア、首、肩、腕、背中が朝方に痛みが強くなる原因」

「頸椎症や頚椎ヘルニアなど、首の神経痛で痛む場所が変化する事」

「お風呂に入って温めるべき?頸椎症や頚椎ヘルニアなど首の神経痛の場合」

「鍼治療は頸椎症や頚椎ヘルニアなど、首や腕の神経痛に効果があるのか?」

「湿布(シップ)は頸椎症や頚椎ヘルニア、首の神経痛に効果はあるのか?」

「雨や天気によって悪化する頸椎症や頚椎ヘルニア、首の神経痛」

「お酒、アルコールと頸椎症や頚椎ヘルニア、首、肩、腕の神経痛」

「安静が大切な頸椎症、頚椎ヘルニアや首、肩、背中、腕の神経痛」

「頸椎症や頚椎ヘルニア、首の神経痛の人が痛み止めを常用するリスク」

「頸椎症や頚椎ヘルニア、首や背中や腕の神経痛は完治するのか?」

「鬱(うつ)やストレスと頸椎症、頚椎ヘルニア、首、腕の神経痛」

「放置や我慢をすると危険な頸椎症、頚椎ヘルニア、首や腕の神経痛」

「骨盤矯正やカイロで悪化する頸椎症や頚椎ヘルニア、首の神経痛」

「急に寒くなったり気温差で悪化する頸椎症、頚椎ヘルニア」

「ケアやメンテナンスが重要な頚椎症、頚椎ヘルニア、首の神経痛」

「運動不足と頚椎症、頚椎ヘルニア、首、肩、背中、腕の神経痛」

「ロキソニン、ボルタレンが効かない事もある頚椎症、頚椎ヘルニア」

「ヨガやピラティスで悪化する可能性がある頚椎症、頚椎ヘルニア」

「筋力低下、手に力が入らなくなる頚椎症、頚椎ヘルニア」

「デスクワーク、パソコンで悪化する頚椎症、頚椎ヘルニア」

「ストレートネックと頚椎症、頚椎ヘルニアとの違い」

「頭痛、吐き気、めまいと頚椎症、頚椎ヘルニアとの関係」

「タブレット、スマートフォン(スマホ)と頚椎症、頚椎ヘルニアとの関係」

「歯、喉、目、胸の痛みや顔の痺れと頚椎症、頚椎ヘルニア」

「発熱や風邪をひくと悪化する頚椎症や頚椎ヘルニア」

「整形外科や病院では治らない頚椎症、頚椎ヘルニア」

「高齢者の加齢、老化で発生する頚椎症、頚椎ヘルニア」

「頚椎症、頚椎ヘルニアと炎症との関係」

「治療後に頚椎症や頚椎ヘルニアの症状が悪化する好転反応」

「突然急に、いきなり発生する頚椎症、頚椎ヘルニア」

「更年期障害、自律神経失調症と頚椎症、頚椎ヘルニアとの関係」

「激痛、鈍痛、重だるい頚椎症や頚椎ヘルニアの症状」

「血行や血流と頚椎症、頚椎ヘルニアとの関係」

「頚椎症や頚椎ヘルニアの人が重たいものを持つ、運ぶ時の注意点」

「漢方薬は頚椎症や頚椎ヘルニアに効果はあるのか?」

「寝不足、疲れや疲労と頚椎症、頚椎ヘルニア」

「頚椎症、頚椎ヘルニアの手術のリスクと後遺症」

「わき腹の痛みと頚椎症、頚椎ヘルニアとの関係」

「頚椎症や頚椎ヘルニアと手、腕の振るえや痙攣」

「抱っこ、育児や子育てで発生しやすい頚椎症、頚椎ヘルニア」

「整体や整骨院で頚椎症や頚椎ヘルニアは治らないのか?」

「頚椎症や頚椎ヘルニアは遺伝が関係するのか?」

「季節の変わり目に発生しやすい頚椎症、頚椎ヘルニア」

「飛行機の乗車で悪化する頚椎症、頚椎ヘルニア」

「ブロック注射の効果が効かない頚椎症、頚椎ヘルニア」

「頚椎症、頚椎ヘルニアの急性期と慢性期」

「頚椎症や頚椎ヘルニアの経過」

「仰向き、横向きで寝れない頚椎症、頚椎ヘルニア」

「頚椎症、頚椎ヘルニアとサプリメントや食べ物の効果」

「頚椎症、頚椎ヘルニアとテニスボールストレッチ」

「手が熱い、冷たいなどの知覚異常と頚椎症、頚椎ヘルニア」

「ラジオ体操は頚椎症や頚椎ヘルニアに効果はあるのか?」

「若い人にも発生する?頚椎症や頚椎ヘルニアの年齢層」

「夏のエアコン、冷房で悪化する頚椎症、頚椎ヘルニア」

「腰痛や足、下半身の痛みや痺れと頚椎症、頚椎ヘルニア」

「頚椎症や頚椎ヘルニアと似た症状や病気」

「マラソンやランニング、ジョギングで頸椎症や頚椎ヘルニアが悪化する理由」

「上を向くと頚椎症や頚椎ヘルニアなどの症状が痛くなる理由と注意点」

「頚椎症や頚椎ヘルニアから発生する神経痛の症状と筋肉痛との違いについて」

「頚椎症や頚椎ヘルニアにとって楽な椅子や机の高さとは?」

「同じ姿勢を維持する事が頚椎症や頚椎ヘルニアに良くない理由」

「右肩(腕や手)、左肩だけ頚椎症や頚椎の症状が片方に偏る理由」

「頚椎症や頚椎ヘルニアは首のカラーで固定をするべきか?」

「低周波などの電気治療は頚椎症や頚椎ヘルニアに効果的か?」

「頚椎症や頚椎ヘルニアの人が注意すべきカバンやバックの種類や持ち方」

「昔の交通事故によるむちうちが頚椎症や頚椎ヘルニアの原因になる事がある?」

「頚椎症や頚椎ヘルニアの症状は自転車で悪化する事も多い?」

「顎が痛い、だるいなどの違和感と頚椎症や頚椎ヘルニアとの関係は?」

「猫背は悪いとは限らない?頚椎症や頚椎ヘルニアと猫背との関係」

「お香やアロマテラピーは頚椎症や頚椎ヘルニアなどの症状に効果はあるのか?」

「下を向く時に頚椎症や頚椎ヘルニアの人が気をつける事」

「美容院や歯医者で悪化する可能性のある頚椎症や頚椎ヘルニア」

「頚椎症や頚椎ヘルニアと足裏の痛みやしびれとの関係」

「頚椎症や頚椎ヘルニアから発生する長引く背中の痛みやしびれの特徴」

「頚椎症や頚椎ヘルニアの症状にピップエレキバンは効果があるのか?」

「磁気ブレスレットやネックレスなどの健康アイテムは頚椎症や頚椎ヘルニアに効果あるのか?」

「しびれや麻痺が発生するのは頚椎症や頚椎ヘルニアの症状の特徴」

地図イメージ

豊中市の整体、整骨院
よしだ柔整治療院

【住所】大阪府豊中市南桜塚2-7-1-114 ユニハイム桜塚
【アクセス】阪急電鉄宝塚本線 曽根駅 徒歩7分
【ご相談・ご予約】06-6858-3458
※当院は予約制です 【営業時間】月~金 9:00~12:00 / 13:00~20:00 土曜 9:00~12:00
【定休日】日曜、祝日、土曜日の午後
>>場所・行き方はこちら

【このホームページは私が書いています】

院長 吉田

よしだ柔整治療院
院長のプロフィール

患者さんの声

当院の風景

症状別解説

よくある質問

メールでのお問い合わせ

友だち追加
※LINEでも予約可能です

サイトメニュー

Information

外観

営業時間
平日 9時~12時/13時~20時
土曜 9時~12時
定休日
日曜、祝日、土曜日の午後
所在地
〒561-0882 大阪府豊中市南桜塚2-7-1-114 ユニハイム桜塚
電話番号
06-6858-3458
代表者
吉田 隼